まゆまゆぱーてぃー

旅行・ホテル・高速バス・LCC・B級グルメ・健康・美容関係の記事をご紹介します。

毛髪の量や太さのピークは20代で、40歳前後から女性ホルモンが減少し始めると髪の老化は一気に進む!

毛髪の量や太さのピークは20代で、40歳前後から女性ホルモンが減少し始めると髪の老化は一気に進む!

こんにちは。まゆりんです。

私は加齢とともに髪が細くなり、「ハリやコシやツヤがなくなった」と悩むようになりました。

毛髪の量や太さのピークは20代で、30代に入ると髪は徐々に衰え、40歳前後から女性ホルモンが減少し始めると髪の老化は一気に進みます。

髪のハリやコシやツヤの低下は多くの女性が感じるエイジングサインなんです。

 

 

 

刺激性が低く、頭皮に優しい『アミノ酸シャンプー』!

「刺激性が低く、頭皮に優しいアミノ酸シャンプーは髪のハリやコシやツヤにも良い」と聞くものの、『アミノ酸シャンプー』という言葉には、はっきりとした定義はありません

 

f:id:mayurin2018:20201126070203j:image

 

シャンプーを含む化粧品は、使用される成分について数々の厳格な決まりが薬事法で定められていますが、商品の種類を分類する呼称については、特に決まりがない場合がほとんどです。

 

f:id:mayurin2018:20220103212818j:image

 

現在のところ、どんな成分をどの程度含んだものを『アミノ酸シャンプー』と呼んで良いかということについては、明確な決まりはありません。

市販のシャンプーの中には、ほんの少しアミノ酸系の成分を加えただけで『アミノ酸シャンプー』と謳っているものが数多く存在します。

 

f:id:mayurin2018:20201126070212j:image

 

アミノ酸系成分が全く入っていないのに『アミノ酸シャンプー』と謳って販売すると不正競争防止法に抵触してしまいますので多少はアミノ酸系成分が配合されています。

アミノ酸系洗浄成分は他の洗浄成分に比べて原価が高いため、硫酸系(ラウリル硫酸など)、スルホン酸系(オレフィン・スルホン酸)等の成分と一緒に配合されるケースが非常に多いのが実情です。

 

f:id:mayurin2018:20201126070219j:image

 

硫酸系・スルホン酸系成分が配合されたシャンプーは、強い脱脂力とタンパク質変成作用を備えたものになります。

「脱脂力」の強い成分は、シャンプーの際に頭皮の健康に欠かせない保湿因子(NMFやセラミド)を強力に溶かして洗い流します。

「タンパク質変成作用」はタンパク質を破壊する働きで、すすぎ残って頭皮にとどまった成分がこの作用を発揮し、細胞のタンパク質を少しずつ壊していってしまいます。

 


硫酸系

★ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na 、パレス硫酸Naなど名前に「硫酸」とつく成分。

★安価で泡立ちが良い。

★強い「脱脂力」「タンパク質変性作用」がある。

スルホン酸系

★オレフィン(C14-16)スルホン酸

など名前に「スルホン酸」とつく成分。

★安価で泡立ちが良い。

★「植物由来」「無添加」を謳ったシャンプーによく配合されている。

★洗濯用や住居用洗剤にもよく使われる。

★硫酸系に匹敵する強い「脱脂力」「タンパク変性作用」がある。

★魚毒性が強い。

石鹸系

★カリ石ケン素地 ラウレス-3酢酸Na

★洗浄力が高い。

★石けんの使用にこだわる人に好まれる。

アルカリ性で髪に対するダメージがある。

★洗浄力が強く頭皮への刺激が強い。

★シャンプーの成分としてはデメリットが多い。

アミノ酸

★ココイルグルタミン酸TEA、ココイルアラニンTEA、ラウラミノプロピオン酸Na

★刺激性が低く、頭皮に優しい。

★洗浄成分自体に髪のダメージに浸透して保湿する働きがある。

★泡立ち、使用時の爽快感が劣る。原価が高い。

 

私は硫酸系・スルホン酸系成分を使用していない『アミノ酸シャンプー』を探してみました。

 

 

 

激性が低く、頭皮に優しい、『アミノ酸シャンプーアロマのやさしさ』!

ハーベストシーズンは2000年に学術研究用の植物精油エッセンシャルオイル)取扱いからスタートした会社です。

「植物が生む自然素材の働きをそのままの形で利用し、美容と健康に役立てる」アロマテラピーの思想を大切に成分の由来と安全性をひとつひとつ確認しながら商品作りに取り組んでいます。

アミノ酸シャンプーアロマのやさしさ』は東急ハンズやイオンボディや京王アートマンや旬楽膳各店でも販売しています。

 

f:id:mayurin2018:20190307135550j:plain

 

アミノ酸シャンプーアロマのやさしさ』は、刺激性が低く、頭皮に優しく、洗浄成分自体が髪のダメージに浸透し保湿する働きがあります。

シリコンやコーティング剤、石油系合成界面活性剤、スルホン酸系洗浄成分 などは一切使っていません。

パラベンなどの旧指定成分、合成香料、着色料、パール化剤などの余計なものが入っていないから安心して使用することができます。

 

f:id:mayurin2018:20190307134753j:plain

 

アミノ酸シャンプーアロマのやさしさ』500mlは3,080円(税込)で、『アミノ酸シャンプーアロマのやさしさ』 500ml 詰替用は2,860円(税込)で、『アミノ酸シャンプーアロマのやさしさ』本体(500ml)+詰替用(500ml) 計2本セットは5,940円(税込)で、『アミノ酸シャンプーアロマのやさしさ』30ml (お試しサイズ)は450円(税込)です。

 

f:id:mayurin2018:20180916141206j:plain

 

アミノ酸シャンプーアロマのやさしさ』は洗浄力がマイルドなので、皮脂や油分と混ざると泡立ちが悪くなります。

汗をかいたときや、整髪料を付けている場合は、2度洗いすることでしっかりと汚れを落とすことができました。

すすぐ前に2分ほど放置すると効果的でした。
良質のアミノ酸洗浄成分には、それ自体に髪に浸透してダメージ部分に吸着する働きがあります。

すすぐ前にシャンプーを付けたまま2分程度放置して泡パックすると、より高いトリートメント効果が得られます。

アミノ酸洗浄成分自体に潤い効果がある上、植物油などの天然保湿成分をしっかりと配合しているので基本的にリンスは使用せず仕上げました。

f:id:mayurin2018:20180603205248j:plain

 

アミノ酸洗浄成分は、硫酸系成分やオレフィン・スルホン酸と比べると、とうしても泡立ちが劣ります。

また、シリコン入りのシャンプーやリンスに慣れていたので最初のうちはきしみが気になりましたがしばらく使っていると、シリコンが剥がれていき、きしみは収まってきました。

 

 

 

まとめ

市販のシャンプーに配合されているコーティング成分には刺激性があり、顔などにつくと肌が荒れたり、ニキビの原因になるものがあります。

アミノ酸シャンプーアロマのやさしさ』はコーティング剤が一切入っていませんので、顔についても全く問題ありません。

デリケートな肌にも優しい成分のみで作られているため、髪だけでなく顔など全身を洗うシャンプーとしても使うことができます。