まゆまゆぱーてぃー

旅行・ホテル・高速バス・LCC・B級グルメ・健康・美容関係の記事をご紹介します。

離れて暮らす一人暮らしの父が高齢になってくると気になるのが掃除のこと!

離れて暮らす一人暮らしの父が高齢になってくると気になるのが掃除のこと!

こんにちは。まゆりんです。

私は、生まれも育ちも北海道で、今でも父は北海道で暮らしています。

子どもの頃から毎日のように顔を合わせていたので、実家を出てからも父は普段と変わらず生活していると何の疑いもなく過ごしてきました。

でも、父は会うたびに体が小さくなり、急に寂しさというか何とも言えない焦りのようなものがこみ上げてきました。

「父の元気な顔を見ることができるのは、意外と少ない。」ということを痛感し、父の大切さを改めて感じました。

「親孝行をしたいときには親はなし」という言葉がありますが改めてそのとおりだと思いました。

親元を離れて生活していると「親孝行をしたい」と思っても今後、数えるくらいしか会うことができません。

 

 

老々介護から開放された父には、これからのんびり余生を楽しんで欲しい!

私の母は、2012年9月15日に自転車から転倒し大腿骨を骨折し、北海道室蘭市内の病院に入院しました。

当初、母は全治3ヶ月と言われていましたが、驚異的な回復で1ヶ月ほど経つと杖を使って歩けるようになりました。 

その後、リハビリを続けましたが、高齢のせいかそれ以上は良くなりませんでした。

 

f:id:mayurin2018:20180603205321j:plain

 

母は、足が不自由になってからは体調を崩し、亡くなる5年前から認知症になったので、糖尿病と肝臓がんで自宅療養している父がデイサービスやケアマネジャーや看護師などに助けてもらいながら、献身的に母の介護をしました。

私や弟は、老々介護状態の両親が心配なので、頻繁に北海道の実家へ飛行機で通い、掃除などを手伝いました。

母は亡くなる1年前から徘徊するようになり、父は疲労困憊し、北海道室蘭市内の病院へ預けました。

母は入院中に目眩を起こしたことで転倒し、脳梗塞になりました。

母は脳梗塞になってからは寝たきりになり、誤嚥性肺炎にもなりました。

 

f:id:mayurin2018:20210508140814j:image

 

母は抗菌薬の点滴で誤嚥性肺炎自体は改善したものの、身体の機能や飲み込みの能力が回復せず、口から十分な栄養を摂れる状態に戻りませんでした。

医師から、胃ろう(お腹に穴を開けて胃にチューブを通し、直接胃の中に栄養を送る)、中心静脈栄養(体の中心を通る太い血管に管を入れ、高濃度の栄養剤の点滴をする)、普通の点滴でわずかばかりの栄養を入れる、食べられる分だけを食べてあとは自然に任せる、そんな選択を母は迫られていました。 

 f:id:mayurin2018:20210508140822j:image

 

母は普通の点滴でわずかばかりの栄養を入れていたため、貧血になり、輸血をすることになりました。

私は母が心配だったため3週間ほど実家に滞在していましたが、輸血をしても拒絶反応がなかったので安心して、東京都内へ向かいました。

でも、東京都内に着いた翌朝、父から突然電話が入り、2021年4月27日午前4時14分に母が亡くなったと知らされたので、また飛行機で北海道へ向かいました。

 

f:id:mayurin2018:20210508170629j:plain

 

弟は会社員なので、初七日が済むと自宅に戻りましたが私はしばらく北海道に滞在しました。

私は母が亡くなり、とても悲しいですが、父は献身的に母を介護してきたので、これからは、のんびり余生を楽しんで欲しいと思っています。

 

 

離れて暮らす一人暮らしの父が高齢になってくると気になるのが掃除のこと!

以前の日本は2世帯や3世帯の同居が多かったのですが、最近は核家族化や少子高齢化が進んだことで、一人暮らしの高齢者が増えてきました。

一人暮らしをしている高齢の家族がいても、さまざまな事情により同居が難しいという人も少なくありません。

 

 f:id:mayurin2018:20180603205248j:plain

 

離れて暮らす一人暮らしの父が高齢になってくるとやはり気になるのが掃除です。

私の父は、加齢とともに関節や筋肉などの痛みがなかなか取れなくなり、とてもつらい思いをしています。

医師の診察を受け、内服タイプの鎮痛薬を飲んでいるものの、いまいち効果がありません。

 

f:id:mayurin2018:20200218060112j:image

 

父が雑巾がけや浴槽の掃除をすると、どうしても体を曲げる体勢になるので、膝や腰に大きな負担がかかり、痛みを感じるようになりました。

 

f:id:mayurin2018:20210507141933j:plain

 

高齢者が高いところや、少し無理をしなければ届かないようなところの汚れが気になり、家事を続けると体を更に悪くしてしまうことがあります。

 

f:id:mayurin2018:20210505101216j:image

 

転落して怪我をしてしまったり、怪我が原因で、寝たきりの生活になることがあります。

生活する空間をキレイに保つことは、父が健康で長生きするための秘訣ではありますが、怪我が原因で、寝たきりの生活になると困るため、父には手の届かない場所の掃除は諦めさせています。

 

f:id:mayurin2018:20210501071113j:image

 

部屋が散らかっていたり、ごった返していたりすると、見るだけでも息が詰まります。

ゴミやホコリ、不要なものが部屋に溜まっている状態は衛生上よくありません。

きちんと片付けられ換気された部屋は父の健康にも繋がります。

また、片付けられた部屋では、身体をリラックスさせ、休むことができ、しっかりと休息がとれるようになります。

そのため、私や弟は、定期的に北海道の実家へ寄り、掃除などをしています。 

 

 

1時間2,409円(税込)から掃除代行サービスのCaSy(カジー)!

私や弟が実家へ寄れない時、父は訪問介護サービスを利用しています。

訪問介護サービスも素晴らしいと思いますが、掃除代行サービスのCaSy(カジー) も良いと思います。

CaSy(カジー) では、キッチンやトイレや風呂や洗面所やリビングや部屋や廊下や玄関をキレイに掃除してくれます。

感染防止対策を実施し、マスクを着用し、手洗いや咳エチケットの徹底に加え、「感染防止チェックリスト」を運用し、濃厚接触や発熱症状の有無などをサービス毎に確認しています。

 

CaSy(カジー)の

ポイント1

・1時間2,409円(税込)。

・業界最安値水準。

・無駄を省き低価格を実現しました。
・リーズナブルなのに損害保険加入で安心。

CaSy(カジー)の
ポイント2
 

・いつでもどこでも簡単予約。

・忙しくても大丈夫。

・24時間365日、簡単に予約やキャンセルや変更ができます。

CaSy(カジー)の

ポイント3

・安心や安全への取り組み。

・CaSy水準の選考や研修をクリアしたキャストがサービス。

・キャストは本人確認の上、反社との関与及び犯罪歴の有無を確認ます。

 

CaSy(カジー) では、交通費は別ですが1時間2,409円(税込)から住宅内の掃除全般を承り、定期利用なら更にオトクにキレイをキープでき、健やかな生活をサポートしてくれます。

 

 

まとめ

以前の日本は2世帯や3世帯の同居が多かったのですが、最近は核家族化や少子高齢化が進んだことで、一人暮らしの高齢者が増えてきました。

私や弟が実家へ寄れない時、父は訪問介護サービスを利用しています。

訪問介護サービスも素晴らしいと思いますが、掃除代行サービスのCaSy(カジー) も良いと思います。