まゆまゆぱーてぃー

北海道をこよなく愛するまゆりんをよろしく!

水のような液体が入っているコカ・コーラ クリア

↓SNSでシェアしてね↓

水のような液体が入っているコカ・コーラ クリア

こんにちは。まゆりんです。

運動した後や疲れたときに、炭酸飲料が無性に飲みたくなりませんか。

世界で一番有名な炭酸飲料というと、やっぱり、コカ・コーラですよね。

コカ・コーラと言えば、黒ですね。黒くないコカ・コーラなんて想像がつかないですよね。

 

コカ・コーラ クリア

なんと社会人の息子が水のような液体が入っているコカ・コーラを買ってきました。

透明なコカ・コーラは、コカ・コーラ クリアなんですよ。

ラベルこそコカ・コーラではあるものの、見た目はハッキリ言ってただの水ですよね。コカ・コーラ感が全くありませんね。

 

f:id:mayurin2018:20180621215519j:plain

これまでのコーラは、カラメルを入れて黒にしましたが、コカ・コーラ クリアではカラメルを使用しないで、透明になりました。

カラメルが入っていないため、味も変わり、レモン果汁を加え、コーラらしい味わいになりました。

もれなくもらえる、マクドナルドのマックフライポテトとハンバーガー無料券も嬉しいですよね。話のネタにもなるので、試しに飲んでみてくださいね。

f:id:mayurin2018:20180621215735j:plain

コカ・コーラ のメリット

海外では、日本に比べて医療費が高額な事等から、風邪を引いた時にコーラを飲むように薦められているんです。コカ・コーラの原料となる「コカの葉」には鎮痛成分があり、頭痛を鎮める事から風邪薬の代用として民間療法に用いられていたるんです。

コカ・コーラの元となったのは「フレンチ・ワイン・コカ」という薬用酒でした。発案者はジョン・S・ペンバートン医師なんですよ。

https://www.instagram.com/p/BjCt8lyhU03/

「フレンチ・ワイン・コカ」はぶどう酒にコカの葉・コラの実・ダミアナエキス等を溶かしたもので、当時は興奮作用のある酒として大変な人気がありました。

その後、起こった禁酒運動により、販売を停止に追い込まれました。ペンバートンは、試行錯誤の末に「水と炭酸水を間違える」という偶然の産物により、コカ・コーラを編み出したと言われています。

韓国では風邪を引いた時に生姜とレモンを入れたホットコーラが民間療法として主流になっています。

f:id:mayurin2018:20180511111000j:plain

コカ・コーラ等の炭酸飲料には、ストレスを軽減・解消効果等があります。

コーラに含まれる炭酸ガスには、副交感神経を優位にしてくれる作用があり、気持ちを落ち着けてくれる為、ストレスの解消効果があります。

副交感神経とは、落ち着いている時やリラックスしている時に働く神経の事を言います。

気分が落ち込んでいるときに、コーラを飲むとスッキリします。

氷を入れたグラスによく冷えた「コカ・コーラ」を注いで「3℃」となる状態が、 「コカ・コーラ」のおいしさを最大限に楽しめる理想の温度です。

元気のない時はコーラ等、炭酸が含まれている飲料を飲んで嫌な気分を吹き飛ばしましょう。

コカ・コーラ のデメリット

コーラは糖分の含有量が高い為、糖尿病を患っている方や血糖値が高い方にはとてもリスクの高い飲み物になりますので、気をつけましょう。 

カロリーを気にする人向けに人工甘味料入りのコーラ等も出ていますが、人工甘味料も有害なんです。

人工甘味料で肥満・糖尿病のリスクが高まります。人工甘味料は過剰摂取しない限りは問題ないので毎日飲むような人は控えましょう。f:id:mayurin2018:20180511111011j:plain

 

京都限定のコカ・コーラ

京都観光している時、京都限定を買って飲んでみました。パッケージが京都のデザインでしたが普通のコカ・コーラでした。

でも京都観光して歩き回り、喉が渇いていたのですごく美味しく感じましたよ。

 f:id:mayurin2018:20180501052703j:plain

 

f:id:mayurin2018:20180430224936j:image

 

f:id:mayurin2018:20180430224947j:image

 

 

日本限定コカ・コーラ

f:id:mayurin2018:20180511111031j:plain

f:id:mayurin2018:20180511111020j:plain

コカ・コーラ の「チェリー味」

あなたはコカコーラの「チェリー味」を飲んだことがありますか。缶の色が紫色で、チェリーのイラストが描かれているのが特徴なんですよ。アメリカのお金持ちのおじさん、ウォーレン・バフェットさんが、コカ・コーラ社の「チェリーコーク」の中国での販売促進にひと役買っている。

 

バフェットさんが率いるアメリカの投資会社バークシャー・ハザウェイは、コカ・コーラ筆頭株主なんですよ。チェリーコークの大ファンであることが有名で、1日に5本も飲むんですよ。中国の「チェリーコーク」の缶にバフェットさんの似顔絵が描かれているんですよ。これは、バフェットさんとコカ・コーラの両方にメリットがありますよ。

 

バフェットさんは中国でも有名人で、チャリティーオークションでは多数の中国人が「オマハの賢人」と昼食を食べる権利を獲得するために何億円も投資してるんですよ。ここ数年、バークシャー株主総会には中国から数千人が出席しているんです。バークシャーが初めて株主総会の模様をインターネットで配信した時には中国語の同時通訳がつけられたんです。

 

コカ・コーラマーケティング責任者はバフェットさんがこの企画に同意したのには驚いたものの、結果「チェリーコーク」が中国ですごく売れて喜んでいます。

f:id:mayurin2018:20180511110617j:plain