まゆまゆぱーてぃー

旅行・ホテル・高速バス・LCC・B級グルメ・健康・美容関係の記事をご紹介します。

両親の古いアルバムには、木漏れ日(こもれび)のような眩しい思い出がいっぱい!

両親の古いアルバムには、両親の木漏れ日(こもれび)のような眩しい思い出がいっぱい!

こんにちは。まゆりんです。

アイヌ民族博物館」は、1976年9月10日から2018年3月31日まで、「ポロトコタン」と共に「一般社団法人アイヌ民族博物館」によって運営されていました。

北海道白老郡白老町にある「アイヌ民族博物館」は、アイヌ語で「大きい湖の集落」を意味する「ポロトコタン」と呼ばれる野外博物館の施設の一つでした。

私の両親は夫婦仲が良く、健康な時は各地を旅行し、 「アイヌ民族博物館」へも行ったことがあります。

 

 

2021年4月27日午前4時14分に母が亡くなったと知らされた!

母は亡くなる5年前から認知症になり、父は献身的に4年間介護していました。

母は亡くなる1年前から徘徊するようになり、父は疲労困憊し、北海道室蘭市内の病院へ預けました。

 

f:id:mayurin2018:20200218060112j:image

 

母は入院中に目眩を起こしたことで転倒し、脳梗塞になりました。

母は脳梗塞になってからは寝たきりになり、誤嚥性肺炎にもなりました。

母は抗菌薬の点滴で誤嚥性肺炎自体は改善したものの、身体の機能や飲み込みの能力が回復せず、口から十分な栄養を摂れる状態に戻りませんでした。

 

f:id:mayurin2018:20210505101216j:image

 

医師から、胃ろう(お腹に穴を開けて胃にチューブを通し、直接胃の中に栄養を送る)、中心静脈栄養(体の中心を通る太い血管に管を入れ、高濃度の栄養剤の点滴をする)、普通の点滴でわずかばかりの栄養を入れる、食べられる分だけを食べてあとは自然に任せる、そんな選択を母は迫られていました。

母は普通の点滴でわずかばかりの栄養を入れていたため、貧血になり、輸血をすることになりました。

 

f:id:mayurin2018:20210501071113j:image

 

私は母が心配だったため3週間ほど実家に滞在していましたが、輸血をしても拒絶反応がなかったので安心して、東京都内へ向かいました。

でも、東京都内に着いた翌朝、父から突然電話が入り、2021年4月27日午前4時14分に母が亡くなったと知らされたので、また飛行機で北海道へ向かいました。

 

f:id:mayurin2018:20210507141933j:plain

 

弟は会社員なので、初七日が済むと自宅に戻りましたが私はしばらく北海道に滞在しました。

私は母が亡くなり、とても悲しいですが、父は献身的に母を介護してきたので、これからは、のんびり余生を楽しんで欲しいと思っています。

 

「ウポポイ(民族共生象徴空間)」が2020年7月12日(日)にオープン!

アイヌの伝統文化に触れる 北海道の白老町(しらおいちょう)に「ウポポイ(民族共生象徴空間)」が2020年7月12日(日)にオープンしました。

アイヌ民族の歴史や文化を展示物や体験プログラムを通じて学ぶことができる施設なんです。

 

 施設名 

ウポポイ(民族共生象徴空間)

 

・国立アイヌ民族博物館

・国立民族共生公園

 

(営業時間)

・令和2年7月12日〜令和2年7⽉19⽇

平⽇ 9:00〜18:00平⽇ 9:00〜18:00 ⼟⽇祝⽇ 9:00〜20:00
⼟⽇祝⽇ 9:00〜20:00

・令和2年7⽉21⽇〜令和2年8⽉31⽇

9:00〜20:00

・令和2年9⽉1⽇〜令和2年10⽉31⽇

平⽇ 9:00〜18:00

⼟⽇祝⽇ 9:00〜20:00

・令和2年11⽉1⽇〜令和3年3⽉31⽇

9:00〜17:00

(休業日)

⽉曜⽇(祝日または休日の場合は翌日以降の平日)

および年末年始(令和2年12⽉29⽇〜令和3年1⽉3⽇)

・慰霊施設

(公開時間)

・令和2年7月12日~令和2年9月30日 

9:00~17:00

・令和2年10月1日~令和2年3月31日 

9:00~16:00

(休業日)

⽉曜⽇(祝日または休日の場合は翌日以降の平日)

および年末年始(令和2年12⽉29⽇〜令和3年1⽉3⽇)

住所

〒059-0902 北海道白老郡白老町若草町2丁目3 

電話番号

0144-82-3914

アクセス

・札幌から車で約1時間に位置している。

新千歳空港から車で約40分に位置している。

道南バス「ウポポイ前」バス停下車。

・白老駅北口から徒歩約10分。 

入場料

大人(一般):1,200円

大人(団体):960円

高校生(一般):600円

高校生(団体):480円

中学生以下:無料

障がい者手帳等提示:無料(介護者1名無料)

年間パスポート:大人(一般)2,000円

高校生(一般)1,000円

 

「ウポポイ」には、「国立アイヌ民族博物館」と「国立民族共生公園」と「慰霊施設」などの施設があります。

遠い昔、両親は「国立アイヌ民族博物館」へ訪れ、「ムックリ」に感動しました。

 

 

 ムックリ

アイヌ民族に伝わる竹製の楽器。

・「口琴」と呼ばれる楽器。

・竹製の薄い板(弁)に紐がついていて、この紐を引っ張る事で弁を震動させて音を出し、これを口腔に共鳴させます。

・音程はほとんど一つの音高から変わりませんが、口の形を変えることにより共鳴する倍音のフォルマントを変化させて音楽表現しています。

 

両親の古いアルバムには、木漏れ日(こもれび)のような眩しい思い出がいっぱいありました。

 

f:id:mayurin2018:20210512162612j:plain

 

「国立アイヌ民族博物館」の「コタンコロクル」の像の前にいる両親はとても若く、楽しそうに微笑んでいました。

もし、両親が今でも健康だったら、まだまだ一緒にいろいろなところへ旅をしたかったことでしょう。

私も弟も父も、ついに訪れてしまった母の最後の旅立ちを見送るしかありません。

残念なことに、両親にとって、思い出の深い「国立アイヌ民族博物館」の「コタンコロクル」の像は「ウポポイ」になってからは無くなりました。

 

f:id:mayurin2018:20180421123409j:plain

 

年間パスポートを利用して6回目の「ウポポイ」体験!

私と友人は、年間パスポートを利用し、5回も「ウポポイ」へ行き、ほとんどの施設を見て回ることができました。

2021年4月27日午前4時14分に母が亡くなり、「初七日法要」も無事終え、「父と母の思い出の場所へ何度でも行ってみたい」と思い、また「ウポポイ」へ行くことにしました。

私は、JR幌別駅の自動販売機で、コカ・コーラジョージア オリジナル 250g缶(北海道限定デザイン)を購入しました。

 

f:id:mayurin2018:20210513133028j:image


私は、JR幌別駅から13時33分発のJR室蘭本線苫小牧行に乗って、JR白老駅へ向かいました。

 

f:id:mayurin2018:20210513133045j:image

 

JR室蘭本線苫小牧行は、JR白老駅へ14時4分に到着しました。

 

f:id:mayurin2018:20210513133352j:image

 

私は、友人とJR白老駅で待ち合わせをして、JR白老駅北口から徒歩で約10分かけて、「ウポポイ」へ向かいました。

「ウポポイ」の「カンカン(いざないの回廊)」を抜けると大きな広場、「ウウェランカラㇷ゚ ミンタㇻ(歓迎の広場)」が来場者を迎えてくれます。

「ウウェランカラㇷ゚ ミンタㇻ(歓迎の広場)」の花が大変美しかったです。

 

f:id:mayurin2018:20210513154730j:image

 

その後、私は友人と「チキサニ広場」へ移動しました。

「チキサニ広場」とは、来園者を伝統的な衣装や踊りで歓迎するおもてなしの広場なんです。

「チキサニ広場」では、チㇷ゚(丸木舟)の操船方法や利用についての解説をしていました。

 

f:id:mayurin2018:20210513154746j:image

 

「チキサニ広場」では、ポロト湖の景観を楽しみながらアイヌ文化を学ぶことができます。

 

f:id:mayurin2018:20210513154801j:image

 

「チキサニ広場」でチㇷ゚(丸木舟)の操船方法や利用についての解説がおわると、歓迎プログラム 「ウウェランカラㇷ゚」を実施していました。

 

f:id:mayurin2018:20210513154816j:image

 

アイヌ のニックネームである「ポンレ」。

「ピロマ」という「ポンレ」を持つ男性の話がとても面白かったです。

アイヌの人々がどのように植物とかかわってきたのかを紹介してくれました。

 

f:id:mayurin2018:20210513154832j:image

 

「チキサニ広場」で歓迎プログラム 「ウウェランカラㇷ゚」が終わるとユネスコ無形文化遺産に登録されている「アイヌ古式舞踊」を見学しました。

 

f:id:mayurin2018:20210513154902j:image

 

その後、「チキサニ広場」でムックリ口琴)の演奏を見学しました。

 

f:id:mayurin2018:20210513154921j:image

 

その後、「チキサニ広場」で「シノッ ~アイヌの歌・踊り・語り~」を見学しました。

 

f:id:mayurin2018:20210513154933j:image

 

「ウポポイ」では、修学旅行生がたくさん訪れていたため、私も友人もウエカリ チセ(体験交流ホール)や「体験学習館別館」へは行きませんでした。

最後に「ウポポイ」のエントランス棟に位置するショップ「ニエプイ」でショッピングを楽しみました。

 

 f:id:mayurin2018:20210513154942j:plain

 

アイヌ文様刺繍が施されたコースターやランチョンマット、ブックカバーや小物入れ、ティッシュケースやマスク、ヘアゴム、ヘアーバンドなど、日常の中にアイヌ文様グッズを取り入れることができます。

 

f:id:mayurin2018:20210703214109j:plain

 

「ウポポイ」オリジナルのマスクとティッシュケースが可愛らしいです。

 

f:id:mayurin2018:20210514143852j:image

 

6回目の「ウポポイ」体験

・JR幌別駅から13時33分発のJR室蘭本線苫小牧行きを利用し、14時4分にJR白老駅へ到着。

・JR白老駅北口から徒歩で約10分かけて、「ウポポイ」へ向かう。

・14時14分頃、「ウポポイ」のカンカン(いざないの回廊)を通る。

・「ウポポイ」の「チキサニ広場」でチㇷ゚(丸木舟)の操船方法や利用についての解説を見学。

・「ウポポイ」の「チキサニ広場」で歓迎プログラム 「ウウェランカラㇷ゚」を見学。

・「ウポポイ」の「チキサニ広場」でユネスコ無形文化遺産に登録されている「アイヌ古式舞踊」を見学。

・「ウポポイ」の「チキサニ広場」でムックリ口琴)の演奏を見学。

・「ウポポイ」の「チキサニ広場」で「シノッ ~アイヌの歌・踊り・語り~」を見学。

・「ウポポイ」の「国立アイヌ民族博物館」を見学。

・「ウポポイ」のエントランス棟に位置するショップ「ニエプイ」でショッピング。

  

年間パスポートを利用して7回目の「ウポポイ」体験!

私と友人は、年間パスポートを利用し、6回も「ウポポイ」へ行き、ほとんどの施設を見て回ることができました。

母の「百箇日法要」も無事終え、「父と母の思い出の場所へ何度でも行ってみたい」と思い、また「ウポポイ」へ行くことにしました。

台風9号から変わった温帯低気圧が東北北海道地方に大雨をもたらしている影響で、2021年8月10日はJR北海道のほとんどの線区で終日運休が決定したため、私は友人とウポポイ(民族共生象徴空間)へ車で向かいました。

 

f:id:mayurin2018:20210811065532j:image

 

でも残念なことにウポポイ(民族共生象徴空間)は臨時休業し、行くことは出来ませんでした。

 

7回目の「ウポポイ」体験

  

「ウポポイ(民族共生象徴空間)」体験!

「ポロトコタン」と呼ばれる野外博物館の施設の一つだったアイヌ民族博物館が「ウポポイ」の中に入るまでの過程を動画で紹介しています。

 

 

 

アイヌ民族博物館」は、1976年9月10日から2018年3月31日まで、「ポロトコタン」と共に「一般社団法人アイヌ民族博物館」によって運営されていました。

北海道白老郡白老町にある「アイヌ民族博物館」は、アイヌ語で「大きい湖の集落」を意味する「ポロトコタン」と呼ばれる野外博物館の施設の一つでした。

 

 

mayurin2018.hatenablog.com

 

白老町アイヌの伝統文化に触れる 北海道の白老町(しらおいちょう)に「ウポポイ(民族共生象徴空間)」が2020年7月12日(日)にオープンしました。

「ウポポイ」1回目の記事です。

 

 

 

mayurin2018.hatenablog.com

 

 

「ウポポイ」には、「国立アイヌ民族博物館」と「国立民族共生公園」と「慰霊施設」などの施設があります。

「ウポポイ」2回目から4回目の記事です。

 

 

mayurin2018.hatenablog.com

 

イカㇻ ウシ」(工房)では、特別イベント「イナンペ エエラマス ヤ? ―デザイン人気投票―」を実施しました。

「ウポポイ」5回目の記事です。

 

 

mayurin2018.hatenablog.com

 

まとめ

私の両親は、夫婦仲が良く、健康な時は各地を旅行し、 「アイヌ民族博物館」へも行ったことがあります。

じゃらんnet は、全国26,000以上の宿・ホテルが24時間予約可能な国内最大級のオンライン予約サービス。

季節に応じたオトクなプランやキャンペーンを随時開催しているし、予約プランに応じてpontaポイントがたまるので、旅行好きな私は、じゃらんnet をよく利用します。