まゆまゆぱーてぃー

北海道をこよなく愛するまゆりんをよろしく!

自由な人生を手に入れる教科書: お金・時間・場所 あらゆる束縛がなくなる

follow us in feedly

自由な人生を手に入れる教科書: お金・時間・場所 あらゆる束縛がなくなる

 

自由人(じゆうじん)とは、何ものにも強制されず、自らの運命を自分で決めることができ、思いのままに生きる人もしくは人々。

(ウィキペディア参照)


社会人の息子に勧められ、だいぽんさん(濱田大輔)の「自由な人生を手に入れる教科書: お金・時間・場所 あらゆる束縛がなくなる」を読んでみました。

だいぽんさん(濱田大輔)

だいぽんさん(濱田大輔)ってどんな人?

ネットビジネスをやっている人なら、ほとんどの人が1度は耳にしたことがあるのではないか?

この業界で、億を稼ぐ人なので、かなりの知名度ですよね。

名前: だいぽん

小説と音楽と旅行が大好きな30歳。
株式会社GRASP代表。
パチンコ狂の親を持ち、極貧の家庭に育つ。

2009年、バイトで溜めた学費を親にパチンコで使い込まれ大学を休学。
空いた時間を利用してアフィリエイトを始めたところ、4ヶ月目で月収100万を達成してしまい愕然。 家族も呆然。
まったく興味がないのに節税で法人化までする羽目に。

その後収益の自動化が完了し、お金のために働く必要がなくなってからは、趣味の音楽、小説、旅行に没頭する毎日。

2015年3月に個人で電子書籍を2冊出版し、Amazon電子書籍ベストセラーランキングの有料本・無料本カテゴリそれぞれで、2冊同時にW1位を獲得する(恐らくAmazon史上初)。

20歳。時給720円の皿洗いの日々
22歳。PC1台でネットビジネスに挑戦
23歳。半年で月収100万突破してビビる
27歳。1人で年商1億円
28歳。お金のために働く必要がなくなる
29歳。電子書籍出版。Amazon1位をとる
30歳。放置で年商3億円。趣味に生きてる

(だいぽんさんのホームページ参照)

 f:id:mayurin2018:20180517091158j:plain

daipon01.com

自由な人生を手に入れる教科書: お金・時間・場所 あらゆる束縛がなくなる

 

日本人の大半は、社会人になると会社に雇われてサラリーマンになるほかに生きる道はないと思いこんでいる。

 

サラリーマンという道を選んだ人の多くが、上がらない給料や長時間労働、少ない休日、職場のストレスなどを嘆きながら、お金を稼ぐためには仕方がないことだと自分に言い聞かせ、毎朝目覚ましに叩き起こされ、憂鬱な気持ちで会社へと向かっています。


最近は、誰にも雇われていないにも関わらず、お金にも時間にも場所にも縛られない自由人が増え始めています。

 

「週休5~7日で好きなだけ趣味に没頭する」
「帰りの切符を買わずに好きなだけ国内外を旅行をする」
「値段を気にせずに好きなものを買ったり食べたりする」
「気が向いたときにふらりと移住する」

 

自由人は、数年前まで普通に学生、サラリーマン、主婦、ニートをしていて、特別な資金もスキルも人脈も学歴も資格も持っていなかった普通の人たちなんです。


だいぽんさんもそのうちの一人です。1000万円以上の借金を抱え、督促の手紙や電話の嵐が吹き荒れる中で、時給700円前後で単純作業のアルバイトをしていただいぽんさんが、自由を夢見て一念発起しました。

 

資金も知識も人脈もゼロの状態で、雇われずに個人で生きる道を模索したところ、5年間のうちにたった1人で3億円ものお金を稼いでしまい、20代にして意図せず金銭的・時間的自由を手に入れてしまうなんて夢のようなお話ですね。


サラリーマンは馬車馬のように働いても絶対に自由になれません。サラリーマンという道を捨てた普通の人たちが短期間であっさり自由を手に入れられるんです。

 

今何もないあなたが、お金にも時間にも場所にも縛られない、自由な人生を手にいれる方法、考え方をだいぽんさんが公開してくれる素晴らしい内容です。


インターネットが普及した現代だからこそ可能な、雇われない生き方のすすめが満載なんです。

『目次』
■はじめに

■自由とは何か?
・身体的自由
・経済的自由
・時間的自由
・精神的自由

■時給を上げようとしてはいけない
■不労収入を確立する二つの方法
■インターネットによって身近になった起業
・起業はほとんどコストをかけないのが当たり前?
・圧倒的なレバレッジのかけやすさ

■なぜサラリーマンは馬車馬のように働いてもお金持ちになれないのか?
■商品開発・仕入れ不要のビジネス
一発屋に自由は絶対に訪れない
■収入がゼロになるリスクをゼロにする
・収入の外部依存度を下げる
・収益源を分散する
・お金を稼ぐためのスキルを身につける

■思考があなたの人生を決定する
■自由とは捨てることから始まる
■他人が決めた「正しいこと」が正しいとは限らない
・常識は他人たちの思い込みに過ぎない

■汗をかいて働くことに意味はない
・社会に価値を提供する方法は様々
・なぜ1日4時間労働ではだめなのか?

■本当のリスクを見極める
・いまだに終身雇用、年功序列の幻想を捨てきれない人たち
過半数の人が1回以上職を失っている現実
・会社の倒産やリストラだけがリスクではない
・あなたにとってのリスクとは?

■多様化してきた働き方
・ほのぼのゆるフワ系起業家

■幸福な自由人になるための思考
■最後に――自由の最大のメリット

 

我慢して、会社に毎日のように勤めているあなた・自由になりたい意識の強いあなた、1歩前に前進したいあなた、こんなあなたにはぜひお勧めしたい1冊です。↓