まゆまゆぱーてぃー

旅行・ホテル・高速バス・LCC・B級グルメ・健康・美容関係の記事をご紹介します。

中学生のフケは致命的!清潔感を保つために必要なこととは?

中学生のフケは致命的!清潔感を保つために必要なこととは?

こんにちは。まゆりんです。

中学生ってフケが出やすかったり、フケが目立ったりする時期だと言われています。

黒や紺色の制服だと、制服の肩にたくさんのフケが目立ち、恥ずかしい思いをしている人もきっとたくさんいるのではないでしょうか?

フケって、個人差があり、出やすい人もいますが、少しくらい洗髪しなくても出ない人もいます。

でも、フケは、年齢的に言えば、中学生くらいの頃が一番出やすい年頃なんです。

今回は、フケとはどういうものなのか、なぜ中学生フケが出やすいのか、フケを治すにはどうすれば良いのか、フケの克服方法を紹介します。 

 

f:id:mayurin2018:20180509175430j:plain

 

中学生のフケが致命的な3つの理由とは?

思春期の頃って、頭皮がかゆくてかゆくて、ついついかきむしってしまうことってありませんか?

頭をかきむしって、フケが落ちてくると、人の目がたいへん気になります。

特に思春期だとクラスメートに不潔だと思われないか本当に心配になります。

 

▼  ▼

 

①クラスメートに不潔だと思われいじめの対象になります。

②異性の目が気になる年頃で、好きな人が出来ても告白ができない。

③フケが悩みの原因となり、自信が持てず、部活や学業に専念できない。

 

 

 

中学生が清潔感を保つには必要な3つの事とは?

中学生は、多感な時期ですので、環境が変わることで、いろいろ気にするようになります。

ストレスを溜め込むことで、フケの原因になるので、なるべく楽しいことを考えるようにしませんか?

中学生は、異性の目を気にする年頃で、オシャレに目覚め、自分の好みの香りや流行を優先しがちなんです。

今、使用しているシャンプーは、本当にあなたの頭皮に合っているんでしょうか?

あなたの頭皮にシャンプーが合っていないとフケの原因になります。

合うシャンプーを見つけたら、今度は頭皮に傷がつかないようにやさしくやさしく洗ってみてください。

 

▼  ▼ 

 

①なるべく楽しいことを考えるようにしてストレスを溜め込まないようにする。

②自分に合うシャンプーに変える。

③頭皮と髪のため、正しいシャンプーの仕方や正しい乾かし方に変える。

 

頭皮と髪のため、正しいシャンプーの仕方に変える!

正しいシャンプーの仕方に変えると、頭皮や髪だけでなく、頭皮と1枚の皮でつながっている顔も血色よく、イキイキとしてきます。

 

▼  ▼

 

①シャンプーをする前は、最初にブラッシングをし、髪の絡まりをとっておく。

②シャンプー前に38度くらいのぬるま湯でしっかりと髪をすすぎ洗いしておく。

(8割りの汚れがこのすすぎ洗いで落ちる)

③シャンプーをする際は、100円玉くらいの適量をとり、泡を先に少し立てておく。

④しっかりと泡を立てながら、頭皮をマッサージするように指の腹でこする。

⑤頭皮をしっかりと洗い、髪も泡立てながらしっかりと洗い終わったら、ぬるま湯でしっかりと洗い流す。

⑥きれいに洗い流した後は、低温の水で更に頭皮をすすいで引き締める。

⑦リンスやコンディショナーをする場合は、毛先だけにつけるようにし、絶対に頭皮にはつけない。

  

頭皮と髪のため、正しい乾かし方に変える!

毎日シャンプーをしているのにフケがよく出るのは、頭皮と髪の乾かし方に問題がある場合が多いんです。

熱によるダメージを避けるために、ドライヤーを使わず自然乾燥にしている人は、フケの出やすい頭皮環境になっています。

下記は、全て自然乾燥によるデメリットなんです。

 

▼  ▼

 

①生乾きで頭皮に雑菌が繁殖しやすくなる。
②頭皮のニオイの原因になる。
③髪がパサつきやすくなる。
④血行不良によって髪の痩せの原因になる。
⑤そのまま寝ると修復不可能なレベルのダメージになる。

 

頭皮が湿った状態が続くと、雑菌が繁殖しやすくなり、頭皮の正常なターンオーバーのリズムが崩れ、フケが出やすくなります。

下記は、私が常にしている頭皮と髪の乾かし方なんです。

 

▼  ▼

 

①まず髪を乾かす前にしっかりとタオルで水分を取る。

②頭皮を拭くようにして水分を取る。

③最後に毛先をタオルで挟み、押さえるようにして水分を取る。

④洗い流さないトリートメントを手のひらに1プッシュ出し、それを手のひらでよく伸ばして馴染ませ、髪につける。

⑤温風で根元からしっかりと乾かし、ある程度乾いたら今度は冷風に切り替えて完成させる。

冷風は、髪を仕上げる時に使えば、キューティクルを引き締めることができ、髪のつやを出すことが出来る。

 

中学生がフケが出やすい3つの原因は?

全体的にフケが多く出る年代は、新陳代謝が活発な成長期、思春期なんです。

小学校高学年から思春期なので、その頃からフケが増え始めていたかもしれません。

でも、中学生になって、紺色や黒などの制服を着るようになり、初めて肩に落ちたフケに気付く人もいます。

新陳代謝って、生きていくために必要な物質を体内に取り入れ、不必要になった物質を体外に出していくことをいうんですが、頭皮も新陳代謝が活発になり、フケが出やくなるんです。

中学生は、少し大人ぶって紅茶やコーヒーを飲み始める年頃ですが、紅茶やコーヒーは、皮脂の分泌を促進させるので控えたほうが良いと言われています。

それと、脂っこい食べ物や刺激の強い香辛料、甘いお菓子の摂取を控えたほうが良いと言われています。

 

▼  ▼

 

①多感な時期なので、環境が変わることで、いろいろ気にするようになりストレスを溜め込んでしまうこと。

②成長期である中学生は、成長ホルモンが多く分泌されるため、他の年代よりも新陳代謝が活発だということ。

③紅茶やコーヒーの中にある多量に含まれたカフェインは、皮脂の分泌を促進させるということ。

 

フケって角質細胞が剥がれ落ちたもの?

フケって、簡単に言えば、頭皮の角質細胞が剥がれ落ちたものを言い、頭皮は、身体の他の部分の皮膚と同じように新陳代謝を繰り返しています。

フケは、垢として剥がれ落ちたものなので、誰もが頭皮から出るんです。

正常であれば、剥がれ落ちた角質層は肉眼で見えないか、もしくは、洗髪したときに一緒に流れ落ちていくので気付かないことが多いんです。

フケは乾性フケと脂性フケの2種類?

フケには乾性フケと脂性フケの2種類があり、予防と治療が異なります。

あなたのフケは、パラパラ、ベタベタどちらでしょうか?

パラパラした乾燥フケだと頭皮の乾燥が原因なので、乾燥しやすい冬に特にフケが出やすいんです。

ベタベタした脂性フケだと頭皮の皮脂が過剰分泌されることで、常在菌が大繁殖することが原因なので、夏場が特に辛いんです。

常在菌は、頭皮保護の役割を持つんですが、大繁殖すると、頭皮が刺激され脂漏性皮膚炎を引き起こすことがあります。

脂漏性皮膚炎とは、フケが多くなったり、大きめのフケがこびりつき、顔面でも眉毛や鼻の両脇、鼻唇溝部、こめかみや耳の裏側が赤くなったり、油っぽい細かい皮がこびりつくんです。

炎症によって脂質を含んだ角質が剥がれ落ち、頭を掻く度に、爪の中にフケが入り込み、指に付着し、大変な思いをします。

フケを治すにはどうするの?

シャンプーは、大きく分けて、高級アルコール系シャンプー、石鹸系シャンプー、アミノ酸系シャンプーの3つあります。

高級アルコール系シャンプーは、市販されている大部分のシャンプーなんですが石油や植物油を化学合成して作られたものなんです。

石鹸系シャンプーは、昔からある石鹸をベースとしたシャンプーで、自然志向の方から絶大な信頼を寄せられています。

アミノ酸系シャンプーって、洗浄成分である界面活性剤の成分にアミノ酸を使用している種類のシャンプーなんです。

私のオススメは、アミノ酸系シャンプー。

アミノ酸は、人体を構成しているタンパク質の主成分で、髪や頭皮によく馴染むので頭皮に優しいのが特徴なんです。

アミノ酸系シャンプーって、成分原価が高いため、値段が高いものが多いんです。

中学生の乾性フケの場合!

乾性フケのあなたは、頭皮が乾燥しているので、保湿が必要なんです。

洗浄力が強いと汚れ落ちがよいというイメージを持ちますが、頭皮が乾燥しやすい人にとっては、洗浄力が強い高級アルコール系シャンプーで洗えば洗うほど、頭皮が乾燥し、フケが増えていきます。

乾燥するとかゆみも出るので、かゆくてかゆくて、爪を立ててかきむしり、頭皮に傷が付き、いっそう、フケが増えることもあるんです。

中学生の脂性フケの場合!

脂性フケのあなたは、頭皮の皮脂が過剰なため起こるので、皮脂を取り除く必要があります。

でも、洗浄力が強い高級アルコール系シャンプーで皮脂を落としすぎると今度は、頭皮が過剰に乾燥してしまい、それが頭皮トラブルにつながることもあるんです。

 

薬用 爽快柑シャンプー

頭皮がかゆい、フケが出やすい、そんな悩みをかかえる中学生のあなた。

一般的には、アミノ酸系シャンプーが良いと言われていますが他人がいいと言っていても、あなたに合うとは限らないんです。

アミノ酸系シャンプーの洗浄成分が最も刺激が少ないと言われていますが、アミノ酸系シャンプーが合わない人もいるんです。

自然や安全にこだわった無添加、天然成分を謳い文句の商品はありますが、だからといって、あなたに合わない成分が入っていては意味がありません。

天然成分が頭皮に合わないことだってあるので、いろいろ試してどうしても合わないようなら一度、皮膚科に行ってみることをオススメします。

 

▼  ▼

 

✔ 洗浄力のマイルドなアミノ酸系を選びましょう。

✔ ノンアルコールのものを選びましょう。

✔ 自分に合わない成分を知りましょう。

 

f:id:mayurin2018:20180908145644j:plain

 

フケ症だった私が試して良かったのが、肌や髪に近い天然成分を使用した薬用 爽快柑シャンプー なんです。

薬用 爽快柑シャンプー って、甘草から抽出される植物由来の成分、グリチルリチン酸ジカリウムが荒れがちな頭皮のかゆみや炎症を抑えてくれます。

 

▼  ▼

 

【有効成分】グリチルリチン酸ジカリウム
【その他の成分】
精製水、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸ナトリウム、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン、濃グリセリン、1,3-ブチレングリコール、ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド、塩化O-[2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル]ヒドロキシエチルセルロース、dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、L-アスパラギン酸ナトリウム、DL-アラニン、アラントイン、L-アルギニン、塩酸リジン、グリシン、L-スレオニン、L-セリン、タウリン、L-チロシン、L-プロリン、L-イソロイシン、L-バリン、L-フェニルアラニン、L-ロイシン、5'-イノシン酸二ナトリウム、5'グアニル酸二ナトリウム、L-グルタミン酸、L-ヒスチジン塩酸塩、サクラ葉抽出物、海藻エキス(1)、ニンニクエキス、ローマカミツレエキス、ゴボウエキス、アルニカエキス、セイヨウキズタエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、マツエキス、ローズマリーエキス、トウキンセンカエキス、ヤグルマエキス、カモミラエキス(1)、オトギリソウエキス、シナノキエキス、ローヤルゼリーエキス、クエン酸水酸化ナトリウム、ジエチレントリアミン五酢酸ナトリウム液、フェノキシエタノールパラオキシ安息香酸メチル、オレンジ油

 

f:id:mayurin2018:20180831125807j:plain

 

薬用 爽快柑シャンプー は、乾燥によるかゆみだけでなく、皮脂による炎症に対しても効果を発揮するので中学生の乾性フケと脂性フケに対応できるのが魅力なんです。

過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まって雑菌が繁殖したり、乾燥などによってフケやかゆみがひどくなるのを抑えてくれます。

 

f:id:mayurin2018:20180831125751j:plain

 

 

まとめ

フケに悩んでいた中学生フケを克服したら、部活動や勉強の集中力も戻り、効率アップ間違いなしです。

清潔なイメージだといじめも克服でき、異性の友達もたくさんできるかもしれません。

私の場合、フケは、薬用 爽快柑シャンプー で改善することができました。

中学生のあなたは、自分に合ったシャンプーを見つけてしっかりケアしてみませんか?