まゆまゆぱーてぃー

旅行・ホテル・高速バス・LCC・B級グルメ・健康・美容関係の記事をご紹介します。

確定申告の時期は、毎年2月16日から3月15日までの1ヶ月!

確定申告の時期は、毎年2月16日から3月15日までの1ヶ月!

こんにちは。まゆりんです。

サラリーマンにはあまり縁がないと思われがちな確定申告ですが、サラリーマンでも確定申告をするケースがあります。

その中でも多く見受けられるのは、医療費控除です。

確定申告の時期は、毎年2月16日から3月15日までの1ヶ月間ですが、サラリーマンなどの給与所得者による医療費控除等の還付申告については、1月からでも受け付けています。

 

 

 

不正咬合の歯列矯正は、確定申告の医療費控除対象内なの?

歯並びやかみ合わせが悪い状態のことを、不正咬合(ふせいこうごう)と言います。

不正咬合は、見た目が悪いだけでなく、歯が重なっている部分に歯ブラシが当たりにくいため、汚れがたまりやすく、虫歯や歯周病を引き起こしやすくなります。

社会人の息子が216,000円(税込)で、不正咬合歯列矯正をしました。

不正咬合歯列矯正は、しばらく通院しなければいけないので、さらに、通院費が毎月7,560円(税込)かかります。

でも、不正咬合歯列矯正は、確定申告の医療費控除対象内なので、年間10万円を超えている場合は、還付金が戻ってきます。

 

f:id:mayurin2018:20200310130504j:plain

税金の一部を取り戻せる医療費控除!

確定申告の医療費控除って、病気や出産などで多額の医療費を支払うと、税金の一部を取り戻せる制度なんです。

医療費控除は、1月1日から12月31日の間に自分や家族のために支払った医療費が対象で、翌年、確定申告をすることができます。

 

f:id:mayurin2018:20200116142408j:image

 

社会人の息子は、医療費控除のことを詳しく知りたくて、目黒区総合庁舎へ行ってみると目黒区総合庁舎の職員に、「目黒税務署へ電話するように」と言われました。

 

f:id:mayurin2018:20190701143615j:plain

 

それで、社会人の息子は、目黒税務署へ電話し、医療費控除について質問しました。

医療費控除は、実際に支払った医療費等の合計額から(1)と(2)の金額を差し引いた額なんです。

 

(1) 生命保険などから支給される入院給付金、健康保険などから支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金などの合計額
(2) 10万円

 

税金の一部を取り戻せる医療費控除!

医療費控除の対象内か対象外の判断は、治療のために必要な行為かどうかだと言われています。

医療費控除は、治療のために必要とした費用が対象なので、差額ベッド代や美容整形は控除対象外なんです。

ちなみに、差額ベッド代とは「特別療養環境室(特別室)」で入院すると請求されます、

 

確定申告の

医療費控除の

対象内

・医師による診療や治療

・医師等による一定の特定保健指導

・看護師、准看護師による療養上の世話

・入院中に病院で支給される食事

・通院や入院のための交通費

・定期検診や検査

助産師による分娩の介助費

不妊治療・人工授精

・妊娠中絶

・不正咬合の歯列矯正

・金やポーセレンを使った歯科治療

・レーシック

オルソケラトロジー治療

・義手、義足、松葉づえ等の購入

・寝たきりの人のおむつ代

介護福祉士等による喀痰吸引

確定申告の

医療費控除の

対象外

・化粧品

・美容整形

・自己都合で希望した差額ベッド代

・病院外から自費で取り寄せた食事

・入院時の寝具、洗面具の費用

・通院したときのガソリン代・駐車場代

・無痛分娩のための講座受講

・美容整形のための歯列矯正

・眼鏡、コンタクトレンズの購入

・補聴器の購入

疲労回復のためのサプリメント

・健康増進のためのサプリメント

・美容のためのサプリメント

・診断書の作成

・予防接種

・予防のための健康診断

 

ただし、治療費以外にも、通院のための交通費、入院中の食事代は医療費控除に含まれます。

平日の昼間に税務署に行くのは難しくないですか?

還付金を受けるためとはいえ、サラリーマンだと平日の昼間に税務署へ行くのは難しいものです。

 

f:id:mayurin2018:20200116142348j:image

 

書類を郵送するにしても意外と手間がかかるので、サラリーマンに限らず、インターネット上で申告するのが便利です。

 

f:id:mayurin2018:20200116142535j:image

 

最近は、国税電子申告・納税システムe-Tax(イータックス)で、医療費控除の手続きをする人が多くなっています。

 

f:id:mayurin2018:20200116142547j:image

 

サラリーマンだと、年末調整で、税務申告ができるので、「わざわざ、税務署へ行くのがめんどくさい。」と思うかもしれません。

でも、国税電子申告・納税システムe-Tax(イータックス)なら、申告期間中は土日・祝日を含む全日に利用することができ、24時間いつでも提出することができます。

 

f:id:mayurin2018:20200116160639j:image

 

ID・パスワード方式だとスマートフォンタブレットを利用することができます。

ID・パスワード方式って、あらかじめ税務署で発行してもらったe-tax用のIDとパスワードを使用して本人確認を行う方法なんです。

どこの税務署でも発行可能で、運転免許証やマイナンバーなど本人確認情報の確認が必要なんです。

 

 

 

まとめ

確定申告って、毎年2月16日から3月15日までの1ヶ月間ですが、税務署窓口の長蛇の列に並ばなければなりません。

でも、最近は、スマートフォンタブレットを利用して、確定申告の医療費控除ができるようになりました。

税務署に行く手間がかからないので、確定申告の医療費控除を国税電子申告・納税システムe-Tax(イータックス)でやってみませんか?