まゆまゆぱーてぃー

北海道をこよなく愛するまゆりんをよろしく!

武器として書く技術 イケダハヤト

follow us in feedly

武器として書く技術

社会人の息子に勧められてイケダハヤト氏の「武器として書く技術」をkindleで読んでみました。

 

Kindleは、書籍などのネット通販を行う米国ネット通販大手アマゾン・ドット・コムが2007年11月19日に米国で発売し、09年10月19日に日本で発売した電子書籍リーダーのことですよ。

 

パソコンでもタブレットでもスマートフォンでも見ることができるので大変便利です。

f:id:mayurin2018:20180517095816j:plain

イケダハヤト氏

イケダハヤト氏って月間30万PVを誇るブログを運営する「プロブロガー」なので、プログラマーを目指しているあなたであれば聞いたことがきっとあるはず。

 f:id:mayurin2018:20180523072824j:plain

神奈川県生まれ。横浜市立戸塚高等学校卒業。早稲田大学政治経済学部卒業。半導体メーカーのルネサステクノロジ(現:ルネサスエレクトロニクス)へ就職するも、11か月で退社。ITベンチャーに転職し、ソーシャルメディア活用についてのコンサルティング事業に携わる。プロブロガーと称してフリーランスのライターに転向。東京都多摩市から高知県高知市万々に移住。高知県長岡郡本山町の滞在型市民農園へ妻ミキと長女チホ、次女と滞在中

主な著作

『年収150万円で僕らは自由に生きていく』(星海社新書)
『武器としての書く技術』(中経出版)
『まだ東京で消耗しているの?環境を変えるだけで人生はうまくいく』(幻冬舎新書)
『なぜ僕は「炎上」を恐れないのか 年500万円稼ぐプロブロガーの仕事術』 (光文社新書)
『ブログで月500万円稼げるようになるまでの全記録。』(イケハヤ書房)

(ウィキペディア参照)

 

f:id:mayurin2018:20180517102506j:plain

note.mu

武器として書く技術

 

「武器として書く技術」を読みましたが、「イケダハヤト氏は、非常に文章が上手な方だ」と思いました。人を引き付ける文章をかける方なのでやはり、「プロブロガーで大成する人は、違う」という印象です。

 

書籍の内容は、賛否両論だと思いますが、イケダハヤト氏は、非常に自信家です。これくらい自信家でないとアフィリエイトで儲けられませんよね。

 

「一般ビジネスマンやお店の店員、学生や主婦であっても、自分のブランドを上げ、お金に変えられる手段があるんです。それは書くということだ。」と力説しています。

 

「自分の知識やノウハウ、経験を書いてアウトプットすることで、世間から注目される。ブログなどネットの環境は揃ったら、あとはひたすら書き続けるだけで良い。」

 

「今の時代はネットでモノを売れる人が生き残る時代だ」と断言しています。

 

「サラリーマン」という安定した地位を捨て月間30万PVを誇るブログを運営する「プロブロガー」イケダハヤト氏は、「稼ぐための書く技術」を惜しげもなく披露してくれていますよ。


「ブログに何を書けばいいの?」「どう書けばいいの?」「書き続けるにはどうすればいいの?」「ブログを広めるにはどうすればいいの?」これからブログ飯を目指すあなたに適切に書かれた1冊です。

 

人を動かす書く技術は、これからを生き抜くための必須能力なのであなたも是非読んでブログ飯を目指しましょう。こちらで購入できます。↓