まゆまゆぱーてぃー

旅行・ホテル・高速バス・LCC・B級グルメ・健康・美容関係の記事をご紹介します。

2020年夏休みやお盆休みに行きたい三朝温泉 依山楼岩崎!

2020年夏休みやお盆休みに行きたい2019年は、三朝温泉 依山楼岩崎!

こんにちは。まゆりんです。

せっかくの夏休みやお盆休み、家族みんなでお出かけしたいですよね。

でも、子供連れだと、周りに気を使ってしまう場面も多いもの。

そこで、家族みんなで気兼ねなく過ごせる場所、あなたのプランに合った飛び切りの旅をご案内します。

 

f:id:mayurin2018:20190720175714j:image

 

 

鳥取県内では皆生温泉に次ぐ2位の三朝温泉

日本百景のひとつと知られる三朝温泉(みささ おんせん)

三朝温泉は、鳥取県東伯郡三朝町にある温泉で、ちょっとした旅行やドライブにオススメの場所。

三朝温泉は、2017年、年間入湯客数が鳥取県内では皆生温泉(かいけおんせん)に次ぐ2位。

ラジウムおよびラジウムアルファ崩壊したラドンが含まれており、世界でも有数の放射能泉だし、一部の旅館には高濃度のトロンを含む温泉もあります。

源泉中のラドン量について683.3マッヘの記録があるため、温泉療法を実施する医療機関が複数あります。

三朝温泉は、泉質に応じて温泉プール療法、飲泉療法、鉱泥療法など様々な治療に用いられています。

 

f:id:mayurin2018:20190720175510j:image

三朝温泉 依山楼岩崎のシンボルマークは梅!

三朝温泉の中でも人気がある依山楼岩崎(いざんろういわさき)のシンボルマークは、

 

f:id:mayurin2018:20190720175706j:image

 

春の彩りと香りを一番初めに届けるは、昔から人々に愛されてきたんです。

 

f:id:mayurin2018:20190720175635j:image

 

は、しっとりとした中に優しさと温かさがあり、凛と咲き誇る気品と清々しさを持った花。

 

f:id:mayurin2018:20190720175617j:image

 

依山楼岩崎って梅の花のようなおもてなしを心がけ、いつの時代も愛される宿でありたいと思ってるんです。

 

f:id:mayurin2018:20190720175605j:image

 

かつて多くの文人墨客が愛でた三朝川のせせらぎ、静寂に息づく庭園、依山楼岩崎は、昔と同じ面影を今に伝えてます。

 

f:id:mayurin2018:20190720175653j:image

 

ラジウム温泉の発見とともに歩んだ、依山楼岩崎は、世界有数の名泉三朝温泉を存分に楽しめる、回遊式露天風呂山の湯、いにしえの面影を今に物語る、和風庭園依水苑(いすいえん)など、様々な依山楼岩崎の魅力があるんです。

 

f:id:mayurin2018:20190720175456j:image

 

世界有数の名泉三朝温泉のお湯を、依山楼岩崎ならではの趣の異なったバラエティ豊かなお風呂で存分に楽しめます。

 

f:id:mayurin2018:20190720175528j:image

 

回遊式大庭園風呂山の湯は、左の湯と右の湯にゾーンが分かれていて、それぞれ男湯と女湯なんです。

 

f:id:mayurin2018:20190720175542j:image

 

ラジウム蒸気風呂や飲泉場などもあるし、深夜に男女の入れ替えを行うので、朝と晩で両方のお湯が楽しめます。

 

f:id:mayurin2018:20190720175542j:image

 

お風呂に浸かるだけでなく、吸入または飲泉によりラジウム温泉の成分を取り入れることで、身体の細胞が活性化するホルミシス効果

皇族や数多くの文人墨客(ぶんじんぼっかく)に愛され続けてきた三朝温泉で最も歴史ある依山楼岩崎で元気になってみませんか?

 

f:id:mayurin2018:20190720175555j:image

 

 

まとめ 

大人も子供も誰しも楽しみな年に数回の連休の1つが夏休みやお盆休み、特に毎日働いている人にとっては年に数回の大型連休は格別ですよね。

夏休みやお盆休みは、学校もお休みなので、お子さんがいる家庭では、子供たちもきっと楽しみにしているはず。

夏休みやお盆休みの季節は、人気キャラクターに会ったり、イベントを楽しんだり、遊園地・動物園が楽しみですよね。

家族で、カップルで、友人で、一生の思い出に残る旅行を計画してみませんか?

旅行の予定があるあなたは、早め早めに計画しましょう。

直前になって予約しようと思ってもホテルなどの宿泊施設が満室で予約できなくなることもありますよ。

ちなみに旅行好きな私はじゃらんnet をよく利用します。

 

▼ ▼