まゆまゆぱーてぃー

旅行・ホテル・高速バス・LCC・B級グルメ・健康・美容関係の記事をご紹介します。

アレルゲンになりにくい食材を選んだ、とびきり美味しい「魚」フード!

アレルゲンになりにくい食材を選んだ、とびきり美味しい「魚」フード!

こんにちは。まゆりんです。

飼っている犬がかゆみに耐えられず、「なめる」「引っかく」「かむ」「こする」などして皮膚に傷をつくり、「炎症」「脱毛」「色素沈着」で悩んでいませんか?

「犬アトピー性皮膚炎」は、室内に棲息(せいそく)するダニや花粉などの環境中の抗原(こうげん)に対する過剰な免疫反応によっておこることが多いと言われています。

「アレルギー反応」を引き起こす抗原を特に「アレルゲン」と呼んでいます。

 

 

「犬アトピー性皮膚炎」は、遺伝が関与するため、発症しやすい犬種がいる!

「犬アトピー性皮膚炎」は、「アレルギー」が原因の一つなので、他の犬にはうつりませんが遺伝が関与するため、発症しやすい犬種がいます。

 

f:id:mayurin2018:20180829190705j:plain

 

アトピー性皮膚炎

発症しやすい犬種

・柴犬

フレンチブルドッグ

シーズー

・ウェストハイランドホワイトテリア

 

f:id:mayurin2018:20180829190641j:plain 

 

「犬アトピー性皮膚炎」は、比較的、若いうちに発症し、最初は、ある季節だけ症状が現れますが、年齢を重ねるとともに一年中症状が出てしまうケースがあります。

 

f:id:mayurin2018:20180829190646j:plain

 

「犬アトピー性皮膚炎」は、症状は「かゆみ」から始まり、後に「皮膚炎」が現れ、良くなったり悪くなったりを繰り返します。

 

f:id:mayurin2018:20180829190651j:plain

 

「犬アトピー性皮膚炎」の完治は難しいといわれていて、生涯にわたりアトピーの体質と上手に向き合い付き合うことが何よりも重要だと言われています。

 

f:id:mayurin2018:20180829190711j:plain

 

「犬アトピー性皮膚炎」の原因は複合的で、いくつも重なって発症するため、獣医師は犬のためにもっとも適切と思われる治療法を選んだり組み合わせたりします。  

 

f:id:mayurin2018:20180829190658j:plain 

 

アトピー性皮膚炎

主な症状

・しつこいかゆみ。

・1~3歳の若い年齢から発症することが多くあり、「かゆみ」から患部をひっかいて皮膚に傷をつくることで、「炎症」「脱毛」「色素沈着」が生じます。

アトピー性皮膚炎

かゆみを表す行動

・なめる。

・引っかく。

・かむ。

・こする。

アトピー性皮膚炎

症状が出やすい部位

・耳や顔

・足の先(指の間)

・脇の下

・お腹周り

・足や尾っぽの付け根

アトピー性皮膚炎

かゆみサイクル

・犬は、「かゆみ」を感じると耐えられず、「なめる」「引っかく」「かむ」「こする」行動をし、その刺激から再び「かゆみ」「炎症」が起こり、また患部を「引っかく」ことで皮膚に傷をつくり、これを繰り返すと「かゆみサイクル」と呼ばれる悪循環となり、「かゆみ」がどんどん悪化します。

・「かゆみサイクル」を絶つために、「かゆみ」は放っておかないことが重要です。

アトピー性皮膚炎の原因

・アレルギー体質の犬だと、犬アトピー性皮膚炎が発症しやすくなります。

・「犬アトピー性皮膚炎」の犬において、抗原は皮膚から侵入します。

・健康な皮膚では、皮膚バリア機能がはたらくため、抗原の分子が侵入することはありません。

・「アトピックドライスキン」とよばれるアトピーの乾燥肌においては、皮膚バリア機能が低下しているため、抗原が容易に通過し、アレルギー症状の引き金となります。

・環境中の抗原が存在している室内棲息ダニや花粉などアトピー性皮膚炎の犬はなんらかの環境中の抗原(こうげん)にからだが反応してかゆくなります。

 

私の友人は、飼っている犬にAVANCE(アヴァンス) を使用することで、「かゆみ」「痛み」から救うことに成功しました。

でも、「犬アトピー性皮膚炎」を正しく「診断」「治療」できるのは、獣医師だけなので、やはり、自己判断せずに定期的に動物病院を受診するのが一番良いと思います。   

 

 

アレルゲンになりにくい食材を選んだ、とびきり美味しい「魚」フード! 

私の友人は、「健康的で、おいしく、楽しいごはんを食べさせたい」との思いから老犬にエッセンシャルドッグフード を与えています。

エッセンシャルドッグフード では、「アレルゲン」になりやすいと言われる7つの食材を使用しない代わりに、魚含有率は、約77%と非常に高いです。

 

f:id:mayurin2018:20190727170033j:plain

 

アレルゲンになりやすい

食材

・鶏肉

・豚肉

・牛肉

穀物

・トウモロコシ

・大豆

・乳製品

 

タンパク質値は30%と高めで、「魚」メインのフードでも、しっかりと体つくりに大切なタンパク質を摂取できます。 

 

・サーモン

・トラウト

・ニシン

白身魚

  

エッセンシャルドッグフード は、栄養バランスを考慮したバラエティ豊かな食材なので友人が飼っている老犬の健康をサポートしてくれます。

 

Acai

(アサイ)

高い栄養価を誇るスーパーフード。

鉄分、アミノ酸、カルシウム、食物繊維など大切な栄養分が豊富。

Green Tea

(緑茶)

緑茶に含まれる「カテキン」は優れた健康維持作用を持っています。

身体の内側から毎日の健康をサポートしてくれます。

Ginseng

(朝鮮人参)

古来より「和漢」として重宝されてきた食材です。

「滋養分」が高く、愛犬の元気を支えます。


f:id:mayurin2018:20191116224131j:plain 

まとめ

私の友人は、「健康的で、おいしく、楽しいごはんを食べさせたい」との思いから老犬に エッセンシャルドッグフード を与えています。

エッセンシャルドッグフード では、「アレルゲン」になりやすいと言われる7つの食材を使用しない代わりに、魚含有率は、約77%と非常に高いです。

私の友人は、飼っている犬にAVANCE(アヴァンス) を使用することで、「かゆみ」「痛み」から救うことに成功しました。

でも、「犬アトピー性皮膚炎」を正しく「診断」「治療」できるのは、獣医師だけなので、やはり、自己判断せずに定期的に動物病院を受診するのが一番良いと思います。