まゆまゆぱーてぃー

旅行・ホテル・高速バス・LCC・B級グルメ・健康・美容関係の記事をご紹介します。

洗顔後に気持ちよく使用できるローションタイプのオールインワン化粧品!

洗顔後に気持ちよく使用できるローションタイプのオールインワン化粧品!

こんにちは。まゆりんです。

スキンケアの基本と言えば、「洗顔」と「保湿」。

私は、時間をかけてじっくりとスキンケアをしてみたいのに、仕事や家事で疲れている時、面倒に感じることがあります。

そんな時は、肌を清潔にしてから、オールインワン化粧品を使用し、肌にたっぷりのうるおいを補給しています。 

 
洗顔

・たっぷりの泡で優しく肌の上を転がすように洗う。

・たっぷりの泡があることで肌への摩擦が少なく負担なく洗える。

・たっぷりの泡が汚れを吸着して洗い流してくれる。

・敏感肌や乾燥肌はうるおいを守って洗える弱酸性の洗顔料を選ぶ。

・肌と同じ弱酸性のたっぷりの泡で洗うことで、肌のうるおい成分はそのままに、汚れや皮脂を落とすことができる。

洗顔ネットで水や空気を含ませながら泡立てる。

・初めから泡が出てくるタイプの洗顔料を使うと時短になる。

保湿

洗顔後は、肌の水分が蒸散し、肌が硬くなるので化粧水や乳液を吸収しづらくなる。

・肌に化粧水や乳液を浸透させるためには、洗顔後すぐに保湿する。

・オールインワン化粧品を使うと時短になる。

 

 

オールインワン化粧品のメリットとデメリット!

最近は、年代を問わず、時短コスメとしてオールインワン化粧品が大人気なんです。

 
オールインワン化粧品のメリット

①スキンケアの時短

・オールインワン化粧品は化粧水から乳液、美容液と、素肌環境を整えるのに必要な成分が1つになっています。

・忙しくて時間がない、自分のことが後回しになりがち、そんな時にパパっとスキンケアを完了できます。

②摩擦を最小限に抑える

・たくさんの化粧品を重ねる回数や物理的な摩擦が減り、肌への刺激が少なくなります。

・1つで済むため塗り忘れも発生しません。

③化粧品にかけるコストをカット

・化粧品をいくつも揃えなくて済むため、美容にかけるコストを抑えることもできます。

・1つの購入で済むことから、買い物にかけていた時間までもカットすることができます。

④スペースをとらない

・たくさんの化粧品を並べるスペースも必要なく、ドレッサー周辺もすっきりできる。

・旅行などに持ち運ぶ際にも、荷物を減らせて便利です。

オールインワン化粧品のデメリット

①効果が劣る

・それぞれの基礎化粧品が持っている効果ごとに比較した場合、劣る。

②べとべとする

・使用感も使った後肌がべとべとする。

③スキンケアの調整ができない

・暑い夏場では化粧水をたっぷり使ったり、寒い冬場では保湿効果の高いクリームを塗ったりなど、肌の状態で細かく調整ができますが、肌の状態や季節によって、スキンケアの調整ができない。

 

「ラメラ構造」が乱れていることで、肌のトラブルが起こる!

今まで私は、肌のトラブルの原因は、老化によるものだと考えていました。

でも、実はそれだけではなく、肌内部の「ラメラ構造」が乱れていることで、肌内部の水分が蒸発し紫外線などの外部刺激にさらされて肌のトラブルが起こります。

そこで、肌内部の「ラメラ構造」に必要な美容成分をしっかりと肌に浸透させることにより透明感とうるおいがある肌を作って守ることができます。

 
ラメラ構造

・肌の内側の角質層が水分と油分でミルフィーユ状に交互に重なって規則正しく並んでいる状態の事です。

・何層にもミルフィーユ状に重なることにより紫外線などの外部刺激から守る役割があります。

 

洗顔後に気持ちよく使用できるローションタイプのオールインワン化粧品!

肌内部の「ラメラ構造」に必要な美容成分をしっかりと肌に浸透させることができる コンシダーマル

オールインワン化粧品と言えばゲルやクリームタイプをイメージしますが、コンシダーマル は、洗顔後に気持ちよく使用できるローションタイプ。 

  

コンシダーマル

・シンプルなスキンケアで年齢に左右されない理想的な肌を目指す。

・皮膚臨床薬理研究所との共同開発によって生まれた世界初の独自技術ラメラテクノロジーRを採用したオールインワン化粧水。

・化粧水のようなみずみずしい使い心地、美容クリームのような濃厚なうるおい

・たった1本でライン使いを超えた、高い満足感を届けます。

・主な成分はコラーゲンやヒアルロン酸アミノ酸セラミド3など、肌本来を構成する美容成分。

フラーレンやEGFなどのエイジングケアに特化した成分も配合しています。

・角質層のバランスを保ち、ハリやツヤのある健やかな的な肌へと導きます。

 

私は、公式ホームページで確認してみると製造工程や成分にも徹底的にこだわり、完全国内生産だったので興味を持ちましたが、通常価格が5,073円(税込)で送料が600円(税込)と高額でした。

 

コンシダーマルの成分 水、BG、グリセリン、シクロヘキサシロキサン、ベタイン、DPG、トレハロース、ステアリン酸グリセリル(SE)、プラセンタエキス、サッカロミセス/(黒/プラセンタエキス)発酵液、ヒトオリゴペプチド-1、セラミドNG、セラミドNP、スクワラン、加水分解エラスチン、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジンフェニルアラニン、PCA-Na、乳酸Na、クエン酸クエン酸Na、塩化Mg、塩化Ca、シア脂、ホホバ種子油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、ベヘン酸、ラウロイルサルコシンイソプロピル、ステアリルアルコール、ベヘネス-30、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30)クロスポリマー、PPG-6デシルテトラデセス-30、メタリン酸Na、シクロペンタシロキサン、トコフェロール、ステアロイルグルタミン酸2Na、ビサボロール、ポリ-ε-リシン、マンニトール

 

でも、うるおい実感定期便プレミアムに申し込むと3ヶ月縛りになるものの、送料無料で、初回54%OFFとなり2,310円(税込)になることがわかりました。

そこで、私は、3ヶ月間だけコンシダーマル を続けてみることにしました。

 

1ヶ月

2,310円(税込)

送料無料

2ヶ月

4,158円(税込)

送料無料

3ヶ月

4,158円(税込)

送料無料

 

私は、3ヶ月間 コンシダーマル を続けてみると10,626円(税込)かかりました。

 

うるおい実感定期便プレミアムの送料

日本全国、いつでも送料無料です。

うるおい実感定期便プレミアムのお届け期間

初回はお届け日の指定が可能で、それ以降は1ヶ月ごとに届けます。

2回目以降の商品のお届け日時変更の希望は次回お届けの10日前までに連絡します。

うるおい実感定期便プレミアムの解約方法

電話にて受け付けていて、次回お届けの10日前までに連絡すると解約することができました。

フリーダイヤル:0120-509-900(平日10時―18時)

 

 コンシダーマル は、無香料・無鉱物油・無着色・パラペンフリー・アルコールフリーなので、敏感肌の私でも使用することができました。

 

f:id:mayurin2018:20201028173009j:image

 

洗顔後は、 コンシダーマル 1本で「導入液」「化粧水」「乳液」「美容液」「クリーム」「パック」と6つの役割を果たすので忙しくて時間がない、自分のことが後回しになりがち、そんな時にパパっとスキンケアを完了することができます。

 

f:id:mayurin2018:20201028173028j:image

 

コンシダーマルの使い方

洗顔後、乾いた清潔な手のひらに3~4プッシュ。

・手のひらで温めた後、顔全体に包み込むようになじませる。

・溶け込むように浸透していく感触を実感することができます。

 

実際に3ヶ月間使用してみると、乳白色で乳液のように少しとろみがありますが伸びがよく、付けた後はサラッとしていました。

においは特になく、刺激なしのやさしい使い心地で、日差しによってダメージを受けた肌でも気にせずに使用することができました。

浸透力が高く、肌の奥までうるおうため、今までなかった感覚を味わうことができました。 

 

f:id:mayurin2018:20201028173038j:image

 

 

まとめ

スキンケアの基本と言えば、「洗顔」と「保湿」。

私は、時間をかけてじっくりとスキンケアをしてみたいのに、仕事や家事で疲れている時、面倒に感じることがあります。

そんな時は、肌を清潔にしてからコンシダーマル を使用し、肌にたっぷりのうるおいを補給しています。