まゆまゆぱーてぃー

旅行・ホテル・高速バス・LCC・B級グルメ・健康・美容関係の記事をご紹介します。

北海道全域、エゾシカが増え続けることで自動車・列車との衝突事故が多発!

北海道全域、エゾシカが増え続けることで自動車・列車との衝突事故が多発!

こんにちは。まゆりんです。 

北海道と言えば、札幌市内の大通公園中島公園を思いうかべる方が多いのではないでしょうか?

でも、北海道千歳市の青葉公園札幌市内の大通公園中島公園と同じくらい素敵な公園なんです。

北海道千歳市の青葉公園は、千歳市民の休息、観賞、散歩、遊戯、運動に利用される総合公園として、市民に親しまれているんですよ。

 

f:id:mayurin2018:20180402074227j:plain

 

エゾリス・野鳥・エゾシカ・ヘビ・トカゲがいる青葉公園!

北海道千歳市の青葉公園って、うっそうと茂る木々に囲まれていて、どこまでも続く道は、公園と言うよりは、森というイメージなんです。

 

f:id:mayurin2018:20180402074215j:plain

 

エゾリスが横切ったり、野鳥やエゾシカやヘビやトカゲがすぐ近くで休んでいたり、自然の息吹を感じることができるんですよ。

 

f:id:mayurin2018:20180402075503j:plain

 

北海道千歳市の青葉公園では、散策するといろいろな動物を見つけることができるんです。

 

f:id:mayurin2018:20180402072621j:plain

 

北海道千歳市の青葉公園を散策していると偶然、野生のエゾシカに会ったことがあるんですよ。

エゾシカはその名の通り、世界でも北海道にしか生息していない野生生物。 

 

f:id:mayurin2018:20180402072632j:plain

 

野生のエゾシカを見るのは珍しくありませんが、普通、野生のエゾシカは、人の気配がするとすぐ逃げてしまうんです。

 

f:id:mayurin2018:20180402072639j:plain

 

こんなに警戒心がないエゾシカを見たのは初めてだったので、しばらくの間、野生のエゾシカの様子を見ていたんです。

 

f:id:mayurin2018:20180402072706j:plain

 

野生のエゾシカは、草本や牧草を好んで食べるんですよ。

 

f:id:mayurin2018:20180402072644j:plain

 

草本とは、樹木のように大きくならず、太く堅い幹を持たない植物のことを言うんです。

 

f:id:mayurin2018:20180402072658j:plain

 

野生のエゾシカの歯の数は、切歯は上になく下は6本、犬歯は上が2本下2本、前臼歯は上6本下6本、後臼歯は上6本下6本の合計34本あり、一日に2~5kgもの植物を食べるんですよ。

 

f:id:mayurin2018:20180402072650j:plain

 

17施設が整備されている青葉公園!

北海道千歳市の青葉公園では、図書館、公民館、プール、スポーツセンター、テニスコート陸上競技場、青葉球場、市民球場、サッカー場、なかよしひろば、中央広場、冒険の森、ピクニック広場、芝生広場、ラグビー場、青葉多目的広場、青葉少年野球場、17施設が整備されているんです。 

 

f:id:mayurin2018:20180402075536j:plain

 

北海道千歳市の青葉公園は、千歳市中心部の南西に位置し、総面積102.3ヘクタールもある道内屈指の自然豊かな総合公園なんですよ。 

 

f:id:mayurin2018:20180402075542j:plain

 

私の一番のお気に入りは、千歳市立図書館なんです。 

 

f:id:mayurin2018:20180402080258j:plain

 

散策して疲れた時、休憩を兼ねて、千歳市立図書館で、読書を楽しむんですよ。

 

f:id:mayurin2018:20180402074913j:plain

 

千歳市立図書館の近くには、なかよしひろば、中央広場、冒険の森、ピクニック広場、芝生広場があるんです。

 

f:id:mayurin2018:20180402074251j:plain

 

木がトンネルのように生い茂り、なかよしひろば、中央広場、冒険の森、ピクニック広場、芝生広場では、アスレチックや遊具で遊べるんですよ。

 

 

f:id:mayurin2018:20180402074036j:plain

 

また、北海道千歳市の青葉公園は、春になると桜の見所として賑わうんです。

 

f:id:mayurin2018:20180402074923j:plain

 

夏になると、涼しげな噴水や豊かな緑に囲まれた散策路があるため、散歩やジョギングに訪れる人が多く見られるんですよ。

 

f:id:mayurin2018:20180402073953j:plain

 

自然豊かなので、天気が良い日は、ピクニックも楽しいんです。

 

f:id:mayurin2018:20180402073939j:plain

 

北海道千歳市の青葉公園の周辺には、公立の小・中学校をはじめ、養護学校、幼稚園、保育所などが数多く点在し、園児や生徒の自然環境学習の場、遠足等のレクリエーションの場として活用されているんです。

 

f:id:mayurin2018:20180402074959j:plain

 

中学・高校生だとスポーツセンター、テニスコート陸上競技場、青葉球場、市民球場、サッカー場でスポーツをしているのを見かけるんですよ。

 

f:id:mayurin2018:20180402075005j:plain

 

小学生、幼稚園児、保育園児だと涼しげな噴水の前で腰を下ろして、写生をしているのを見かけるんです。

 

f:id:mayurin2018:20180402075013j:plain

 

高齢者が涼しげな噴水の近くを散歩やジョギングしているのを見かけるんですよ。

 

f:id:mayurin2018:20180402075020j:plain

 

あなたも野生のエゾシカに会える青葉公園へいってみませんか? 

 

f:id:mayurin2018:20180402080104j:plain

 

エゾシカはもちろんのこと、エゾリスや野鳥やトカゲやヘビにも会えるんです。

 

f:id:mayurin2018:20180402073946j:plain

 

新千歳空港から、車で約10分の距離なので、飛行機に乗る前にぜひ寄ってみてくださいね。

 

f:id:mayurin2018:20180402080109j:plain

 

f:id:mayurin2018:20180402080118j:plain

 

f:id:mayurin2018:20180402080711j:plain

 

f:id:mayurin2018:20180402080719j:plain

 

f:id:mayurin2018:20180402080124j:plain

 

f:id:mayurin2018:20180402080427j:plain

 

f:id:mayurin2018:20180402080435j:plain

 

f:id:mayurin2018:20180402080443j:plain

 

f:id:mayurin2018:20180402080520j:plain

 

f:id:mayurin2018:20180402075512j:plain

 

f:id:mayurin2018:20180402075528j:plain

 

f:id:mayurin2018:20180402075522j:plain

 

〒066-0046 北海道千歳市真町

図書館

0123-26-2131

スポーツ施設

0123-24-2100

その他の施設

0123-24-1366

ピクニック広場管理棟

0123-23-1216 

  

 

北海道全域で、エゾシカが増え、衝突事故が多発!

エゾシカは、明治初期の乱獲や大雪などの影響により、一時は、絶滅寸前まで激減しましたんです。

でも、その後の保護政策によって、エゾシカが急増し、現在は道内全体で推定60万頭以上が生息しているといわれるんですよ。

エゾシカは、天敵であるエゾオオカミが絶滅したこと、原生林が農地に変わって新しいえさを見つけたこと、ハンターの数が減ったことで、増え続けているんです。

エゾシカが樹皮や希少動物を食べてしまって森が荒らされ、北海道の森の生態系バランスが崩れ、自然環境への影響があるんですよ。

エゾシカは、夏期には、草本や牧草、餌が不足する冬期にはササ類や樹皮と幅広いんですが、畑の作物や植林の木の芽や樹皮を食い荒らすため、農家の人にとっては、大変迷惑な野生動物なんです。

エゾシカの平均寿命は3年から4年で、最長で20年近くまで生きると言われ、現在のエゾシカの天敵は、ヒグマなんですが、それでも、エゾシカが増えてきているので、ゾシカと自動車・列車との衝突事故が多発しているんです。

山地では、野生のエゾシカが頻繁に見られ、不意に車道や線路上に飛び出てくるため、至る所にエゾシカ飛び出し注意の道路標識が設置されているんです。

エゾシカはもちろんのこと、ヒグマ、牛、特別天然記念物タンチョウ特別天然記念物オジロワシまでが命を落としているんですよ。

私は、北海道の列車を利用した時、エゾシカと衝突し、列車のブレーキが故障し、長時間の停車を余儀なくされたこともあるんです。 

 

f:id:mayurin2018:20190516123122j:plain 

 まとめ

東京都では、人身事故がダイヤ乱れの原因なんですが、北海道では、野生動物がダイヤ乱れの原因になることが多いんです。

北海道では、エゾシカが増え続けことでゾシカと自動車・列車との衝突事故が多発しているので対処しなければいけないと思うんですよ。

エゾシカが飛び出してきたときは、エゾシカを避けようとむやみにハンドルを切らずにブレーキを踏んで停止するとよいとされるんです。

場合によっては、エゾシカとの衝突を覚悟したほうが結果的に安全となることも多いんですよ。