まゆまゆぱーてぃー

旅行・ホテル・高速バス・LCC・B級グルメ・健康・美容関係の記事をご紹介します。

知られざる文化的かつ歴史的建造物である灯台!

知られざる文化的かつ歴史的建造物である灯台

こんにちは。まゆりんです。

私は、灯台にハマる灯台女子なんです。

灯台は、明治期に建築が始まったので、今では築100年以上となる灯台もたくさんあります。

灯台って、知られざる文化的かつ歴史的建造物なんです。

 

昼と夜の姿を両方見ると灯台を楽しめる!

灯台の楽しみ方は、いろいろありますが、昼と夜の姿を両方見ることで、いっそう楽しむことができます。
灯台は、船から光がよく見える場所に建てられているため、陸にいる人にとっては、海の情景を満喫するにはうってつけの場所なんです。

晴れた日であれば、灯台の姿は、青空に映えて、フォトジェニックだし、夜になるとロマンティック。

 

 

日本最古の灯台「美保関灯台」!

山陰最古の灯台「美保関灯台」(みほのせきとうだい)は、高さ14m、水面 からの高さは83mなんです。

 

f:id:mayurin2018:20200102144546j:image

 

「美保関灯台」は、世界の歴史的灯台100選にも登録され、2007年には灯台として初めて国の有形文化財に指定されました。

 

f:id:mayurin2018:20200102144533j:image

 

私は、何度も「美保関灯台」へ行きますが、潮風を体全体に浴びながら、海を見て過ごす時間は格別なんです。

 f:id:mayurin2018:20200102144521j:image

 

展望デッキからは、事代主命(ことしろぬしのみこと)が釣を楽しんだ「沖の御前島」や「地の御前島」が見え、晴れた日には隠岐の島が見えます。

ちなみに、事代主命(ことしろぬしのみこと)は、日本神話の大国主命の子で、国譲りの際に登場する神なんです。

 

f:id:mayurin2018:20200102144507j:image

 

「美保関灯台」前には、日時計(ひどけい)があります。

 

f:id:mayurin2018:20200102144511j:image

 

日時計は、影を利用して視太陽時を計測する装置。

 

f:id:mayurin2018:20200102144517j:image

 

紀元前3000年、古代エジプトで使われていましたが、起源はさらにその前の古代バビロニアにさかのぼると考えられています。

 

f:id:mayurin2018:20200102144527j:image

 

日時計は、日晷儀(にっきぎ)、晷針(きしん)とも言われています。

 

f:id:mayurin2018:20200102144539j:image

 

旅館名

美保関灯台

住所

〒690-1501 島根県松江市美保関町美保関

電話番号

0852-73-0211

アクセス

米子I.Cより車で約40分
境港市より車で約20分
松江市より車で約50分

駐車場

約50台

 

 

まとめ

国内最大級のオンライン予約サービス、じゃらんnet なら季節に応じたお得なプランやキャンペーンを随時開催するし、全国26,000以上の宿・ホテルが24時間予約できるし、予約プランに応じてpontaポイントがたまります 。

旅行好きな私は 、じゃらんnet をよく使用します。

 

▼ ▼