まゆまゆぱーてぃー

旅行・ホテル・高速バス・LCC・B級グルメ・健康・美容関係の記事をご紹介します。

「ワタミの宅食」の「まごころスタッフ」がバラエティに富んだ味を届ける!

ワタミの宅食」の「まごころスタッフ」がバラエティに富んだ味を届ける!

こんにちは。まゆりんです。

私は、生まれも育ちも北海道で、今でも父は北海道で暮らしています。

子どもの頃から毎日のように顔を合わせていたので、実家を出てからも父は普段と変わらず生活していると何の疑いもなく過ごしてきました。

でも、父は会うたびに体が小さくなり、急に寂しさというか何とも言えない焦りのようなものがこみ上げてきました。

「父の元気な顔を見ることができるのは、意外と少ない。」ということを痛感し、父の大切さを改めて感じました。

「親孝行をしたいときには親はなし」という言葉がありますが改めてそのとおりだと思いました。

親元を離れて生活していると「親孝行をしたい」と思っても今後、数えるくらいしか会うことができません。

 

 

老々介護から開放された父には、これからのんびり余生を楽しんで欲しい!

私の母は、2012年9月15日に自転車から転倒し大腿骨を骨折し、北海道室蘭市内の病院に入院しました。

当初、母は全治3ヶ月と言われていましたが、驚異的な回復で1ヶ月ほど経つと杖を使って歩けるようになりました。 

その後、リハビリを続けましたが、高齢のせいかそれ以上は良くなりませんでした。

 

f:id:mayurin2018:20180603205321j:plain

 

母は、足が不自由になってからは体調を崩し、亡くなる5年前から認知症になったので、糖尿病と肝臓がんで自宅療養している父がデイサービスやケアマネジャーや看護師などに助けてもらいながら、献身的に母の介護をしました。

私や弟は、老々介護状態の両親が心配なので、頻繁に北海道の実家へ飛行機で通い、家事を手伝いました。

母は亡くなる1年前から徘徊するようになり、父は疲労困憊し、北海道室蘭市内の病院へ預けました。

母は入院中に目眩を起こしたことで転倒し、脳梗塞になりました。

母は脳梗塞になってからは寝たきりになり、誤嚥性肺炎にもなりました。

 

f:id:mayurin2018:20210508140814j:image

 

母は抗菌薬の点滴で誤嚥性肺炎自体は改善したものの、身体の機能や飲み込みの能力が回復せず、口から十分な栄養を摂れる状態に戻りませんでした。

医師から、胃ろう(お腹に穴を開けて胃にチューブを通し、直接胃の中に栄養を送る)、中心静脈栄養(体の中心を通る太い血管に管を入れ、高濃度の栄養剤の点滴をする)、普通の点滴でわずかばかりの栄養を入れる、食べられる分だけを食べてあとは自然に任せる、そんな選択を母は迫られていました。

 

f:id:mayurin2018:20210508140822j:image

 

母は普通の点滴でわずかばかりの栄養を入れていたため、貧血になり、輸血をすることになりました。

私は母が心配だったため3週間ほど実家に滞在していましたが、輸血をしても拒絶反応がなかったので安心して、東京都内へ向かいました。

でも、東京都内に着いた翌朝、父から突然電話が入り、2021年4月27日午前4時14分に母が亡くなったと知らされたので、また飛行機で北海道へ向かいました。

 

f:id:mayurin2018:20210508170629j:plain

 

弟は会社員なので、初七日が済むと自宅に戻りましたが私はしばらく北海道に滞在しました。

私は母が亡くなり、とても悲しいですが、父は献身的に母を介護してきたので、これからは、のんびり余生を楽しんで欲しいと思っています。

 

 

ワタミの宅食」の「まごころスタッフ」が日替わりの夕食を5日間、毎日届ける!

最近、流行りの「宅配サービス」は、少し割高ではありますが、献立を考えたり、買い物の手間が省けるのが非常にいいと思います。

高齢になると重い荷物を持つのは大変ですし、スーパーマーケットで食材を買っても使い切れずに残してしまうことが多いので、ワタミの宅食 に興味を持ちました。

 

f:id:mayurin2018:20181029140825j:plain 

 

ワタミ

・日本基盤で主に外食産業を事業展開している企業。

・屋号は、主力業態である居食屋 和民(いしょくやわたみ)からきていて、創業者の渡邉美樹(ワタナベミキ)に由来します。

・和の民、和やかな民という意味も込められています。

  

f:id:mayurin2018:20181029140755j:plain

 

ワタミの宅食 は、「まごごろ手鞠」「まごごろおかず」「まごごろダブル」「まごごろ御膳」と種類が豊富です。

 

f:id:mayurin2018:20181105185144j:plain

 

まごごろ手鞠

5日間2,450円(税込)

1食あたり490円(税込)

★250kcal前後なので茶碗1杯分(約150g)の「ごはん」を自身で用意して一緒に食べると合計約500kcalなんです。

まごごろおかず

5日間3,080円(税込)

1食あたり616円(税込)

★400kcal前後なので茶碗1杯分(約150g)の「ごはん」を自身で用意して一緒に食べると合計約650kcalです。

まごごろダブル

5日間3,400円(税込)

1食あたり680円(税込)

★500kcal前後なので、茶碗1杯分(約150g)の「ごはん」を自身で用意して一緒に食べると合計約750kcalです。

まごごろ御膳

5日間2,900円(税込)

1食あたり580円(税込)

★イヌリンを豊富に含んだ「きく芋パウダー」を使用して「ごはん」を炊き込んでいます。

★イヌリンとは、糖の吸収を穏やかにしたり、腸内の善玉菌のエサになったりするなど、多彩な働きを持った水溶性食物繊維です。 

★「ごはん」は含まれていて合計500kcalです。

 

ワタミの宅食 は、「まごころスタッフ」が手渡しを基本に、日替わりの夕食を5日間、毎日届けてくれます。

 

f:id:mayurin2018:20181105113253j:plain

 

そこで、私は、ワタミの宅食 の「まごごろ手鞠」を注文してみました。

 

f:id:mayurin2018:20181105113331j:plain

 

親元から離れて暮らしていると、ときどき無性に恋しくなるのが「おふくろの味」ではないでしょうか?

 

f:id:mayurin2018:20181106111727j:plain

 

「おふくろの味」と言って思い浮かべるのは、「肉じゃが」「筑前煮」「鶏のから揚げ」「ハンバーグ」「きんぴらごぼう」「里芋の煮っころがし」「カボチャの煮物」。

 

f:id:mayurin2018:20181106111829j:plain

 

ワタミの宅食 の「まごごろ手鞠」は、どこか懐かしく温かみがある「おふくろの味」を思い浮かべる素朴な味わいでした。

今でも母が笑顔で、作りたての料理を食卓に並べている姿が目に焼き付いています。

 

f:id:mayurin2018:20190509204157j:plain 

 

ワタミの宅食 では、毎日安心して食べることができるように、管理栄養士が塩分やカロリー、品目数に配慮しながら献立を設計しています。 

 

f:id:mayurin2018:20181108112512j:plain

 
「おいしさ」へのこだわりは注文する客にアンケートを実施し、意見を元に味の見直しを何度も行った結果なんです。

 

f:id:mayurin2018:20181108112542j:plain

 

留守の場合には、客の希望により「鍵付き安全ボックス」を無料で貸し出しています。

そのため、不在がちでも安心して注文することができます。 

 

f:id:mayurin2018:20181109110609j:plain

 

「まごごろ手鞠」は250kcal前後なので、茶碗1杯分(約150g)のごはんと一緒に食べると合計約500kcalなんです。

成人女性の場合、通常必要な1食分のカロリーは約660kcalなので、1日1食を500kcalにした場合、1食で減らせるカロリーは160kcalとなります。
 

f:id:mayurin2018:20181109110817j:plain

 

ワタミの宅食 では、続けてこそ意味のある、健康に配慮した食事だから、「まごころスタッフ」がだしの旨みを活かしたバラエティに富んだ味を届けています。

残念ながら私の父が暮らす場所は配達エリア外なので私は父にワタミの宅食 を贈ったことがありません。

 

 

まとめ

最近、流行りの「宅配サービス」は、少し割高ではありますが、献立を考えたり、買い物の手間が省けるのが非常にいいと思います。

高齢になると重い荷物を持つのは大変ですし、スーパーマーケットで食材を買っても使い切れずに残してしまうことが多いので、ワタミの宅食 に興味を持ちました。

配達エリアを広げてくれるなら、父にワタミの宅食 を送ってみたいです。

 

▼