まゆまゆぱーてぃー

北海道をこよなく愛するまゆりんをよろしく!

ペッパー君がいる「はま寿司」へ行ってみませんか?

↓SNSでシェアしてね↓

ペッパー君がいる「はま寿司」へ行ってみませんか?

こんにちは。まゆりんです。

日本のソウルフード、寿司。老若男女に親しまれ、ほぼすべての人が「好き」なのではないでしょうか?

とくに回転寿司は、ファミリー層を中心に絶大な支持を集め、店舗前の道が渋滞を起こすこともありますよね。

 

ペッパー君がいる「はま寿司」

久しぶりに、家族で、はま寿司に行ってみました。

はま寿司では、ペッパー君が出迎えてくれてたいへん驚きました。

はま寿司では、ペッパー君で受付が出来るんです。

ちゃんとはま寿司のユニフォームを着てやる気まんまんなのが面白いですね。

「いらっしゃいませ!!何名様ですか?」
「テーブルとカウンターはどちらにしますか?」

人と会話するかのように話しかけてくれるので特に違和感なく受付は済ますことができました。 

f:id:mayurin2018:20180814235202j:plain

今までは、人がやっていた作業なので、呼び出しの合間に会計をしていたりと、席は空いてるのに、呼び出されないときもありました。

f:id:mayurin2018:20181021162658j:plain

それが、ペッパー君が受付を一手に担ってくれるおかげで、会計を合間に挟まれることなく、効率的にお客様を案内できるようになったんです。

f:id:mayurin2018:20180814234212j:imageタッチパネルの「受付」を押して、人数とテーブルかカウンターを選ぶと、隣の発券機から、番号札が発券されるんです。

番号札の真ん中に「2 えび」って書いていて、「2 えび」ってなんだろうと思いながら待っていたら、番号が呼ばれました。

f:id:mayurin2018:20180814234200j:image

ペッパー君の所にいくと、タッチパネルに「0〜9」までの10種類のすしネタが表示されています。

なるほど、この中から「2 えび」を選んでタッチすればいいんですね。

というわけで、「2 えび」をタッチすると、隣の発券機からテーブル番号が表示された券が発券されました。

なるほど、予約している人以外が違反行為できないように、すしネタで認証してたんですね。

f:id:mayurin2018:20180814234234j:image

これから、ペッパー君が受付をしていく店舗が増えていくんでしょうね。

初期費用・メンテナンスは高いですが、人ひとりを1年間雇うことを考えたら、1年くらいで元がとれちゃうんですよ。

機械だから当り前かもしれませんがどんなに忙しくても丁寧な接客を続けるペッパー君を見ていると私も見習わないといけないと思わされました。

f:id:mayurin2018:20180814234150j:image

はま寿司のメニューは寿司ネタだけでなく、おつまみメニューも充実しています。

唐揚げや鮪の竜田揚げは、お酒にもよく合いますね。

また、味噌汁はあおさ入りで美味しいんですよ。

寿司ネタは、定番のものからまかないで出される軍艦まで種類が豊富なんです。

たくさん食べてもリーズナブルなので、寿司を食べながらワイワイ楽しめますよね。

肝心のお寿司の味はおいしかったのですが、シャリがかなり小さめでした。

 

 

f:id:mayurin2018:20180814234156j:image

「はま寿司」にはなんと各席に5種類の醤油があるってご存じでしょうか?

他の回転寿司チェーン店と一線を画すのが、個性豊かな醤油の種類の豊富さなんです。

f:id:mayurin2018:20181021162746j:plain

「はま寿司特製だし醤油」「北海道日高昆布醤油」「九州甘口さしみ醤油」「まろやかぽんず」の4種類と、東エリアでは「濃口醤油(関東風)、西エリアでは「甘口醤油(関西風)」を含む計5種類が卓上に用意されているんですよ。

全部使ってみましたが全部美味しかったです。

あなたもはま寿司へ行って5種類の醤油を使ってみませんか?

f:id:mayurin2018:20180814234206j:image

f:id:mayurin2018:20180814234217j:image

f:id:mayurin2018:20180814234225j:image

f:id:mayurin2018:20180814235017j:plain

f:id:mayurin2018:20180814235030j:plain

f:id:mayurin2018:20180814235041j:plain

f:id:mayurin2018:20180814235055j:plainf:id:mayurin2018:20180814235129j:plainf:id:mayurin2018:20180814234242j:image

f:id:mayurin2018:20180814235141j:plain

まとめ

はま寿司にいるペッパー君は、ペッパー君本来の機能が使えなくなっていて、受付と呼び出しの機能に特化していました。

たとえ子どもたちから「ペッパー君、こんにちは」と挨拶されても、ペッパー君は完全に無視して、接客に勤しんでしまうんですよ。

将来的には、余裕があるときには会話ができるようになったり、ペッパー君ならではの機能を追加していってほしいですね。