まゆまゆぱーてぃー

旅行・ホテル・高速バス・LCC・B級グルメ・健康・美容関係の記事をご紹介します。

マウスウォッシュと言って思い浮かべるものは「からい」「にがい」「クスリっぽい」!

マウスウォッシュと言って思い浮かべるものは「からい」「にがい」「クスリっぽい」!

こんにちは。まゆりんです。

日本の成人の約8割がかかっているという「歯周病」。

「沈黙の病気」と呼ばれる通り、初期の段階では自覚症状が乏しく、受診した時には手遅れで歯を失うことも少なくありません。

私は、かなり深刻な状態の「重度歯周病」なため、学芸大駅前歯科へ通っています。

 

 

 

重度の歯周病なので歯周外科治療が必要な状態!

テレビの広告や雑誌でも、目にする機会が多い「歯周病」。

口の中は37℃前後で十分な湿度があるので全身の中でも微生物、細菌などが最も多く存在します。

歯と歯肉の境目に汚れが溜まると、それを栄養源にして細菌が繁殖し、歯垢プラーク)と呼ばれる生きた細菌の塊が蓄積します。

 

歯肉炎 ・細菌によって、歯の周りの歯肉が「炎症」を起こして赤くなったり、腫れたりします。
歯周病

・ 歯肉炎が進行してくると、細菌の死滅したものと、唾液中のリンやカルシウムが基になって形成された歯石が歯の表面に沈着し、さらに細菌が住みやすい環境が出来上がります。

・放置すると、細菌の感染が強くなり、歯を支える骨まで溶かし始めます。

・歯周ポケットが深くなり、歯がグラグラと動くようになり、最終的には抜歯が必要な状態になってしまいます。

・痛みなどが出にくく、気付いた時にはかなり進行した状況になっている場合が多いです。

・さまざまな全身疾患と歯周病とに深い関連があることが、近年注目され始めています。

・呼吸器系疾患、心疾患、糖尿病や妊娠などがありますが、中でも糖尿病との関連が深いことが明らかになってきています。

・糖尿病は歯周病を悪化させる大きな原因のひとつでもあります。

 

軽度の「歯周病」であれば、歯石除去(スケーリング)や薬物治療で「歯周病」の進行を食い止めることができます。

 

中度の「歯周病」であれば、歯石除去(スケーリング)の他にルートプレーニングをすることで「歯周病」の進行を食い止めることができます。

 

スケーリング(scaling)

・スケーラーと呼ばれる器具を使用して、主に歯の表面の歯石やバイオフィルム(細菌の塊)を除去する処置。

ルートプレーニング(root planing)

・歯周ポケット内部の歯石や歯根表面の汚染されたセメント質を除去し、歯の根(root)を硬く滑らかに(plane)する処置。

 

でも私は、重度の「歯周病」なので、スケーリングやルートブレーニングだけでは、「歯周病」の進行を食い止めることができません。

歯周ポケットと呼ばれる隙間が深くなり、歯周外科治療が必要な状態なんです。 

 

歯周外科治療

歯周病を改善させるためには、歯周病菌のかたまりであるプラーク歯垢)や歯石を取り除くことが不可欠。

歯周病の治療では、まず歯周基本治療により、プラークや歯石を取り除く。

・深い歯周ポケットでは器具が歯石に届かなかったり、届いても正確な操作ができないため、取り除くことが困難。

・歯周組織の破壊が進むと歯周基本治療で取りきれなかったプラークや歯石をしっかり取り除くために、歯周外科治療を行う。

・深い歯周ポケットを形成している病巣がよく見えるように、歯肉を切開して部分的に開き、深い部分に残っている歯石や感染している組織を取り除く。

・歯肉を部分的に切り開くことで、感染をおこしている病巣を実際に目で確認する。

・直接見ることで、歯周基本治療で取りきれなかった歯石をしっかり取り除き、炎症により破壊された歯槽骨の形態を整えることができるため、歯周組織を健康な状態に導く。

・部分的に切り開いた歯肉は、処置後に元に戻して縫合。

 

歯周病専門医は、まず、最初にどうすれば出来るだけ多くの歯を残せるかを考えて治療を始めますが、いかなる方法をとっても残す見込みがない歯に関してだけは、抜歯を勧める場合もあります。

結局私は、歯周外科治療をせず、重度の「歯周病」4本中3本を抜歯しました。

 

「マウスウォッシュ」と言って思い浮かべるものは「からい」「にがい」「クスリっぽい」!

残念なことに私は、重度の「歯周病」4本中3本を抜歯しましたが、残された歯は重度の「歯周病」にならないように気をつけたいです。

口の中で含み、うがいをすれば殺菌効果が期待できる「マウスウォッシュ」は虫歯や歯周病予防に役立つため興味を持ちました。

 

f:id:mayurin2018:20210817124203j:image

 

ただし、歯磨きをせず、「マウスウォッシュ」だけで虫歯や歯周病を予防する事は不可能です。

歯垢を除去せず、歯周ポケットの汚れを取り除いてない状態では「マウスウォッシュ」だけで、虫歯菌のネバネバ成分の中や歯周ポケットの中までは浸透していきません。

「マウスウォッシュ」を使用する前に歯磨きをしてしっかり歯垢を除去し、歯周ポケットの汚れを取り除く必要があります。

歯磨きをして、ネバネバを取り除いた後に「マウスウォッシュ」を使えば、効果的に菌を減らす事ができます。

 

マウスウォッシュの使い方

・歯磨きした後、適量の「マウスウォッシュ」を口に含んでクチュクチュすすぎます。

・「マウスウォッシュ」をなるべく全体に行き渡らせることが、使用効果を高めるポイントです。

・最低でも15秒、しっかりと殺菌したいなら、30秒以上、「マウスウォッシュ」を口腔内に留めてから吐き出すようにします。

・「マウスウォッシュ」を口に含んですぐに吐き出してしまうと殺菌効果は期待できません。

 

私は「マウスウォッシュ」と言って思い浮かべるものは「からい」「にがい」「クスリっぽい」というイメージです。

今まで使用してきた「マウスウォッシュ」は、口の中に30秒以上含むことができませんでした。

でも、アメリカで大人気、歯科業界でも話題沸騰のアルカリ性の「マウスウォッシュ」ナノシルバーマウスリンス は甘くソフトな口あたりで、後味が爽やかなペパーミントタイプなので口の中に30秒以上含むことができました。

 

f:id:mayurin2018:20211021185623j:plain

 

ナノシルバーマウスリンス は、今までのイメージを見事に覆した新感覚フレーバーです。

ずっと口の中に含んでいたくなるような「くせになる美味しさ」だから、30秒があっという間に過ぎてしまいます。

しかも、すっきりいい香りがするので口臭が気になる時にもサッと使うことができます。

ナノシルバーマウスリンス は「キシリトール」「ペパーミント」「ナノシルバー」「カルシウム」「天然水」の5つの天然由来成分によるシンプル処方です。

 

f:id:mayurin2018:20211021185634j:plain

 

ナノシルバーマウスリンスは、歯だけではなく、身体のことを想ったこだわりの処方で出来ています。

近年注目されているナノシルバーマウスリンス に使用されているナノシルバーの優れた3つの力により、快適なオーラルケアをサポートします。

 

ナノシルバーの優れた3つの力

①銀イオンのような電荷を持たないので、バイオフィルムに浸透しやすく、しっかり破壊。

②ナノシルバー自体がアルカリ性なので、バイオフィルムに浸透すると同時に歯面を中性化。

③植物性の保護膜で銀ナノ粒子を覆うことで分解されにくく、安定して歯面に到達。

 

ナノシルバーマウスリンス に含まれる「酢酸カルシウム」はpH7.5~8.2のアルカリ性で、水に溶けやすく、歯の表面に効率よくカルシウムを届けることができます。

 

f:id:mayurin2018:20211022181954j:image

 

ナノシルバーとともにナノシルバーマウスリンス に水溶性のカルシウムを含有することで、より素早く歯の表面の中性化をサポートし、重要なミネラルであるカルシウムを効率よく届けて歯の健康を守ることができます。

 

f:id:mayurin2018:20211101082539j:plain

 

まとめ

近年注目されている、ナノシルバーマウスリンス に使用されているナノシルバーの優れた3つの力により、快適なオーラルケアをサポートします。

そこで私は、約30日分入ったナノシルバーマウスリンス の定期コースを申し込んでみました。

通常価格5,180円(税込)と高額ですが、定期コースを申し込むと初回半額2,590円(税込)になり、2回目以降は5%オフの4,921円(税込)になりました。