まゆまゆぱーてぃー

旅行・ホテル・高速バス・LCC・B級グルメ・健康・美容関係の記事をご紹介します。

愛猫が元気がない、毛並みが悪いと悩んでいませんか?

愛猫が元気がない、毛並みが悪いと悩んでいませんか?

こんにちは。まゆりんです。

すっかり、愛猫家(あいびょうか)も増え、飼い主の猫に対する意識も変わり、犬と同じくらい猫を飼う方が多くなりましたね。

それに伴い、良質なキャットフード、動物病院の普及、動物医療の発達により、猫の寿命ものび、暮らしはより豊かになっています。

 

f:id:mayurin2018:20180417161001j:plain

 

でも、人と同じように様々な病気になる猫が増加しているのもまた事実なんですよ。

寿命がのびたから病気が目立っているのではなく、日々の食生活の変化が大きく関係しているのが原因なんです。

粗悪なキャットフードや、添加物の多い人間の食べ物を口にする機会が増えた事などが、猫の病気要因の一つなんですよ。

愛猫が体調の事を話してくれれば、少しでも早く異変に気づいてあげられるのですが、残念ながら無理ですよね。

 

f:id:mayurin2018:20180417161011j:plain

 

実は、病状が悪化してから獣医の所へ行く飼い主が非常に多いんですよ。

ペット保険に入っていないと高額な医療費を払うこともあるんです。

もちろん、愛猫の健康が最優先ですが、実際、高額な医療費を払うのは、大変ですよね。

だから、猫本来の生体に合った食材と配合率にこだわったキャットフードが必要なんですよ。

たくさんあるキャットフードの中から、愛猫が喜んで食べてくれて、健康にも良い物を選びたいと思うのは、飼い主ならみんな同じ気持ちですよね。

 

f:id:mayurin2018:20180417161020j:plain

 

 

猫の餌はタンパク質が豊富なキャットフードがおすすめ

私が子供の頃は、ごはんに味噌汁とかつお節をかける「ねこまんま」のイメージから、猫にごはんをあげている人がたくさんいました。

でも、猫は人間とは違い、炭水化物から栄養を摂取することがほとんどできないんですよ。

キャットフードは猫の栄養バランスを考えて作られているんです。

愛猫の健康維持や長生きのためにも、毎日食べる餌は最も重要となるんですよ。

良質なタンパク質とカルシウムやビタミンなどの栄養を摂れる食事を与えてあげてくださいね。

 

f:id:mayurin2018:20180417161035j:plain

 

 

人の食べ物は猫にとっては塩分が多すぎる

人間が食べるために味付けされた食品は猫にとって塩分量が多すぎるため、ぜったい与えないでください。

体のつくりが大きく異なるため、たとえ人間が薄味だと感じたものでも猫に与えると危険な場合があるんです。

どうしても人間と同じ食事をあげたい場合は、味付けをせず、食材のまま与えてください。

 

f:id:mayurin2018:20180417161058j:plain

猫に与えてはいけない食べ物

ただなかには、絶対に与えてはいけない食べ物もあるんですよ。

 

ネギ類(たまねぎ、長ネギなど)
ニンニク、ミョウガ、ニラ
カカオ類(チョコレートなど)
ブドウ、レーズン
アボカド
アワビ、サザエなどの貝類
生魚・生イカ・生タコ
非加熱の甲殻類
生の豚肉
牛乳
生の卵白
アルコール

 

 

f:id:mayurin2018:20180417161047j:plain

良質なタンパク質が摂れる

猫は完全肉食動物なので、良質なタンパク質を摂れることがキャットフード選びにおいて最も重要なポイントなんですよ。

人間でも食べられるほどの品質や鮮度がある原材料を使っているキャットフードや、使用している原材料を明記しているキャットフードが安心なんです。

 

f:id:mayurin2018:20180417161106j:plain

高タンパクの注意点

高タンパクは、愛猫の健康維持を考える上で、フードの重要な要素となるんです。

でも、高タンパクなフードは猫の腎臓や肝臓に大きな負担になることもあるんですよ。

老化によって内蔵機能が弱った猫に高タンパクなフードを与える時は、十分な注意が必要なんです。

 

f:id:mayurin2018:20180417161114j:plain

粗悪な材料に注意

安価なキャットフードのなかには、人間が食べてはいけない品質の肉が使われていたり、人が食べると健康を害する添加物が入っていることもあるんですよ。

大手の食肉メーカーは、チキンミールやポークミール、肉副産物をレンダリング事業として製造することを明記しています。

ぜひ、あなたは、原材料成分を確認してから愛猫にキャットフードを与えてあげてくださいね。

家禽ミート、ミートミール、肉の副産物や魚の副産物という原料が使われていたら、人間が食べてはいけない品質の原料なんですよ。

 

f:id:mayurin2018:20180417161122j:plain

1日に与える餌の適正量

猫が知らず知らずの内に太っていたと言うことはありませんか?

猫の肥満は、飼い主がキャットフードの量を目分量であげている場合が多いんですよ。

面倒でも軽量してからあげることで、愛猫が今の体型を維持するのにどれだけのフードが必要なのかが分かってきます。

 

f:id:mayurin2018:20180412180247j:plain

 

これが分かれば、後は1週間単位で少しずつ量を減らしていく(1~2gくらいずつ)だけなので、まずはその子が1日に必要なキャットフードの量を把握しましょう。

1日に与える餌の適正量は、猫の体重1kgに対して70~80kcalと言われているんですよ。

体重が5kgの猫は約350〜400kcalとなります。

1日に与える餌の回数

あなたの愛猫は、ドカ食いすることはありませんか?

猫が太っているのは1日に体が必要とするカロリー以上に食べている為なんですよ。

1日に与える餌の回数は、生後2〜3ヶ月なら1日4回、生後4〜6ヶ月なら1日3回、
成猫なら、1日2回、老猫なら1日3〜4回と言われています。

 

f:id:mayurin2018:20180412180212j:plain

 

少しずつ食べさせることで空腹時間を減らし、一回の食事でドカ食いすることを防ぐことが出来るんですよ。

お仕事や育児や介護で忙しく、少しずつ食べさせることができないあなたは、タイマー型のフードストッカーも売っていますので検討してみて下さいね。

 

 

f:id:mayurin2018:20180412180222j:plain

肥満状態のリスク

肥満状態のリスクをしっかりと把握しましょう。

家族と同居している場合、誰かひとりでもおやつを与える人がいるとダイエットの成功が難しくなるんです。

肥満のリスクをしっかりと家族と共有することが大切なんですよ。

 

一度太り始めると体が重いので動かなくなる
関節に負担がかかり痛みから動かなくなる
糖尿病の発症率は体重増加に比例して上がる
万が一の手術の際、麻酔が効きにくくなる
心臓への負担が増える
皮膚病にかかり易くなる
歯周病
尿路疾患

 

f:id:mayurin2018:20180503235843j:plain

 

糖尿病や皮膚病、肥満によって発症率があがる病気については治療をすれば症状は軽くなりますが、原因である肥満を治さないと再発の可能性があるんです。

治療費も高額になり、愛猫の寿命を縮める可能性もあるんです。

食べている姿がかわいいと思うのは、飼い主ならみんな同じ気持ちですよね。

でも、可愛い姿を見たさに体が必要とするカロリー以上に食べさせると死んでしまうこともあるんですよ。

 

f:id:mayurin2018:20180503235623j:plain

愛犬・愛猫のための栄養補助食品ツバメの巣ゼリースティック「ミラネスト」

あなたの愛猫は、食欲がなくだるそうにしていたり、毛並みが悪くなったりしていませんか?

もしかしたら、免疫力の低下かもしれません。

病気になってしまってからでは遅いので、なにか兆候があったり、兆候がある前の時点で考える必要があります。

私が子供の頃、祖母は、たくさんの猫を飼っていましたが、祖母は、猫の飼育の知識もなく、ごはんに味噌汁とかつお節をかける「ねこまんま」のイメージから、猫にごはんをあげていました。

愛猫は、若いうちは、ごはんを食べても、元気でしたが、老猫になり、痩せてくると、もう病気が進行し、手遅れだったんです。

愛猫が病気になる前に、食事療法を改善したり、サプリメントを与えたりすることが必要になってくるんですよ。

 

毛並み
涙やけ
抜け毛
肌の悩み
カサカサ
元気がない

 

ペット用栄養補助食品 ミラネスト って、楊貴妃も健康と美容のために毎日食していた高級食材ツバメの巣を、ペット用のツバメの巣ゼリースティックとして仕上げたんです。

ペット用栄養補助食品 ミラネスト って、最も希少価値の高いマレーシア山間部で採れた、最高級の天然アナツバメの巣の「美巣」を使用しているので、免疫力の低下を解決する栄養補助食品なんですよ。

アナツバメの巣は、広東料理の高級食材に使われ、美容や健康によいとされ、注目されている成分なので、免疫力の低下した老猫には、効果が期待できるサプリメントなんです。

糖鎖栄養素

健康維持に重要な役割を持つといわれる「糖鎖」を作る栄養素8種類のうち、6種類がアナツバメの巣に含まれています。

シアル酸

糖鎖の栄養素の一つで、健康にも美容にも嬉しい成分。人の母乳や唾液にも含まれていますが、ツバメの巣には特に多く含まれていることで有名です。

EGF

上皮成長因子とも呼ばれ、肌表面のターンオーバーを整えて皮膚細胞の再生を促します。FGFと一緒に使うと相乗効果があります。

FGF

線維芽細胞増殖因子とも呼ばれ、コラーゲンやエラスチンなど肌の弾力細胞を増強します。EGFやFGFはドクターズコスメにも配合されています。

 

「ミラネスト」が向いている猫

毛並みが悪い
涙やけ
抜け毛
肌の悩み
カサカサ
元気がない

「ミラネスト」が向いていない猫

便秘、軟便や下痢
口内炎
関節炎
皮膚炎
腎臓病

著しく体調を崩した猫や便秘やアレルギーがある猫は、特化した成分を配合したサプリメントがよいでしょう。

「ミラネスト」成分表

ミラネスト原材料:糖質(果糖)、果汁(パイナップル)、ツバメの巣エキス、フィッシュコラーゲンペプチド、白キクラゲ抽出物、植物発酵エキス、ツバメの巣末、酸味料、ビタミン類(ビタミンC)、ゲル化剤(増粘多糖類)、香料

食物アレルギーのある猫は、成分表を判断してください。

愛猫をより輝かせるツバメの巣ゼリースティックをいつものフードに混ぜたり、おやつとして1日1包を目安に体調に合わせて与えて下さい。

 

 f:id:mayurin2018:20180417161139j:plain

 

まとめ

現在、犬の飼育頭数は約1,250万頭、猫は1,300万頭といわれています。

これは全国4,700万世帯の40%以上がペットを飼っている計算になります。

このように急増しているペットは、食生活の改善や医学の進歩などにより、人と同じく大きく寿命が延びてきました。

それとともにペットにも様々なトラブルが、増加しています。

家族そのものであるペットの健康と長生きのために、人に求められることはペットに対する愛情と栄養管理といわれています。

ぜひ、愛犬、愛猫の毎日の元気をサポートすることができるペット用栄養補助食品 ミラネスト を吟味して与えてみませんか?

 

▼ ▼