まゆまゆぱーてぃー

旅行・ホテル・高速バス・LCC・B級グルメ・健康・美容関係の記事をご紹介します。

今までと違う状態になる!猫も高齢になると認知症になるの?

今までと違う状態になる!猫も高齢になると認知症になるの?

こんにちは。まゆりんです。

猫は、7歳になると若々しく見えてもシニアの仲間入りで、15歳以上になると立派な老猫なんです。

人間も猫も年齢を重ねてくると、どうしても体の機能が衰えていきます。

年齢のとり方は、それぞれ違いますが、私の友人は、飼っている猫が7歳を超えた頃からその猫の行動を観察し、ケアを考えています。

 

f:id:mayurin2018:20180417161020j:plain

 

 

今までと違う状態になると認知症の可能性がある?

私の友人が飼っている老猫は、15歳を超えた頃から、今までと違う状態になりました。

これまで何事もなく過ごしてきた愛猫が急に変化を見せると心配になります。

 

老猫の認知症

・ぐるぐる同じところを回る

・夜鳴きをする

・学習したことを忘れる

・意味もなく吠える

・遊ぶことへの興味低下

・日中の睡眠時間が増える

・食欲が急に増える

・トイレを失敗する

 

人が高齢になると認知症の症状が出ることがありますが、猫も高齢になると認知症の症状が出ることがあります。

 

f:id:mayurin2018:20180412180222j:plain

 

症状としては、今までと違う状態というものがほとんどなんです。

 

f:id:mayurin2018:20180412180247j:plain

 

食べ物の好みが変わってしまい、これまで好きだったフードを食べなくなったり、食事をしたのに更に他のものを食べようとするなど、食欲の異常が出る猫もいます。

 

f:id:mayurin2018:20180412180212j:plain


認知症になると、狭いところに入り込んだまま出られなくなったり、同じ場所を徘徊するかのようにウロウロするといった行動も見られるようになります。

 

f:id:mayurin2018:20180417161047j:plain

 

他には、トイレを失敗するようになり、違う場所でそそうをすることが増えてきます。

 

f:id:mayurin2018:20180417161153j:plain

 

夜鳴きもするようになり、高齢になるにつれて鳴き方も大きくなっていきます。

 

f:id:mayurin2018:20180417161147j:plain

 

さらに、飼い主が名前を呼んだときや、これまで遊んでいたおもちゃなどにも関心を示さなくなったり、反応しなくなります。

 

f:id:mayurin2018:20180417161011j:plain

逆に飼い主を攻撃したり、物を破壊する行動に出る猫もいます。

 

f:id:mayurin2018:20180417161001j:plain

 

私の友人が飼っている老猫は、15歳を超えた頃から、日中の睡眠時間が増え、段々と遊ぶことへの興味が低下し、食欲が急に増え、トイレを失敗するようになりました。

 

f:id:mayurin2018:20180417161035j:plain

 

私の友人は、老猫が今までと違う状態になったことを心配し、動物病院へ連れて行きました。

 

f:id:mayurin2018:20180417161058j:plain

 

すると、動物病院の医師は、食欲が急に増えたという場合は、甲状腺の病気がないかを調べたり、トイレを失敗するようであれば腎臓などを調べました。

 

f:id:mayurin2018:20180417161106j:plain

 

そして、私の友人の老猫は、特に問題が無かったので、認知症の可能性があると言われました。

 

f:id:mayurin2018:20180417161114j:plain

 

認知症の原因としては、高齢による脳や自律神経の衰えが挙げられます。

中には人間同様にアルツハイマー型痴呆症と同じく脳が病変したケースもあります。

 

f:id:mayurin2018:20180417161130j:plain

 

以前は、猫の平均寿命は7、8歳で10歳を過ぎると長寿という扱いでしたが、最近はキャットフードの栄養バランスの向上と、医療の進歩もあり、15歳を超える高齢猫も多くなってきました。

そのため、認知症を発症する猫も増えてきています。

また、高齢以外にはストレスなどが認知症の引き金になることもあります。

人に求められることはペットに対する愛情と栄養管理!

現在、犬の飼育頭数は約1,250万頭、猫は1,300万頭といわれています。

これは全国4,700万世帯の40%以上がペットを飼っている計算になります。

このように急増しているペットは、食生活の改善や医学の進歩などにより、人と同じく大きく寿命が延び、それとともにペットにも様々なトラブルが、増加しています。

 

f:id:mayurin2018:20180417161139j:plain

 

 

家族そのものであるペットの健康と長生きのために、人に求められることはペットに対する愛情と栄養管理といわれています。

認知症は症状が進行すると治療が難しくなる病気です。

老猫が少しでも異変を感じたら動物病院へ連れて行くことをオススメします。

認知症の対策や進行を遅らせるのには、キャットフードやサプリメントも期待できます。

 

f:id:mayurin2018:20180417161122j:plain

 

最近、私の友人は、老猫の夜鳴きが酷くて動物病院へ連れて行くと「夜鳴きにはフェルラ酸が良い。」と、言われ、毎日一緒 を購入しました。

老猫のご飯に毎日一緒 を混ぜるとニオイは カツオなので喜んで食べました。

すると老猫の夜鳴きがおさまったので、フェルラ酸と相性が良かったのかもしれません。

 

猫の認知症

オメガ3サプリメント

猫用・毎日一緒 DHAEPA(カツオ味)

ビール酵母(大豆を含む)、かつお節粉末、還元麦芽糖水飴DHA含有精製魚油、デキストリンイチョウ葉エキス末、たん白加水分解物(乳成分を含む)、亜麻仁油含有パウダー(大豆を含む)、ビタミンE含有植物油/セルロースソルビトール、トレハロース、HPC、微粒酸化ケイ素、ステアリン酸Ca、酸化防止剤(フェルラ酸)、ビタミンB12, 【2粒当たりの成分量】DHAEPA 5mg、フェルラ酸 3mg、亜麻仁油パウダー 2.04mg、イチョウ葉エキス 5.04mg、ビタミンE 0.63mg、ビタミンB12 0.24μg

 

 

まとめ

猫は、7歳になると若々しく見えてもシニアの仲間入りで、15歳以上になると立派な老猫なんです。

最近、私の友人は、老猫の夜鳴きが酷くて動物病院へ連れて行くと「夜鳴きにはフェルラ酸が良い。」と、言われ、老猫に毎日一緒 を与えています。

すると老猫の夜鳴きがおさまったので、フェルラ酸と相性が良かったのかもしれません。