まゆまゆぱーてぃー

旅行・ホテル・高速バス・LCC・B級グルメ・健康・美容関係の記事をご紹介します。

秋も終わり、だんだんと寒くなってくると恋しくなるのが温泉!

秋も終わり、だんだんと寒くなってくると恋しくなるのが温泉!

こんにちは。まゆりんです。

秋も終わり、だんだんと寒くなってくると恋しくなるのが温泉。

寒い冬も、温泉に行けば心も体も温まって癒しの時間を過ごすことができます。

私は、冬になると、湖に隣接する展望風呂付き客室を備えた和の趣漂う温泉旅館へ行ってみたくなります。

陶器と檜の温泉貸切展望風呂を併設し、芝居小屋や屋内運動場を併設する温泉が恋しくなります。
 

 

 

はわい温泉は、鳥取県内の観光地へのアクセスに便利!

はわい温泉(はわいおんせん、羽合温泉)は、鳥取県東伯郡湯梨浜町にある温泉。

はわい温泉って、鳥取県内では皆生温泉(かいけおんせん)・三朝温泉(みささおんせん)・吉岡温泉(よしおかおんせん)に次ぐ人気なんです。

はわい温泉は、鳥取県内の観光地へのアクセスに便利。

鳥取県東部に向けて車で鳥取砂丘まで50分、国宝・三徳山投入堂まで45分、倉吉白壁土蔵群まで25分で行くことができます。

鳥取県西部に向けて、名探偵コナン青山剛昌ふるさと館まで20分、大山花回廊まで70分、水木しげるロードまで90分で行くことができます。

 

湖上に浮かぶ絶景の宿 はわい温泉 千年亭!

慶応二年(1866年)4月10 日、上浅津の幸助が、東郷池で投網打ちをしていたところ、湖中から湯が湧き出てくるのを発見しました。

 

f:id:mayurin2018:20191103124130j:image

 

幸助は湯の利用方法について考えた結果、湯の湧く周囲に松杭を打ちこみ、テント舟二隻をならべて屋台をつくり、竹筒で湯を舟に汲み上げてこれを浴槽として温泉風呂をつくり「幸助湯」と名づけました。

 

f:id:mayurin2018:20191103124146j:plain

 

その幸助湯の場所は現在、千年亭東側の湖の沖にある小さな小屋で今は民間用のもとゆになっています。

 

f:id:mayurin2018:20191103123428j:plain

 

ちなみに、幸助は千年亭(日進館)の初代当主にあたります。

 

f:id:mayurin2018:20191103124136j:plain

 

千年亭では、絵画や生け花・彫刻物など様々な芸術品が並ぶアトリエのようなエントランスの先にロビーが広がります。

 

f:id:mayurin2018:20191103124157j:plain

 

「三匹のこぶ座」は、大広間を芝居小屋とした観劇空間で、全国を巡回公演している様々な劇団による芝居が、楽しめます。

 

f:id:mayurin2018:20191103124226j:plain

 

劇団は2ヶ月毎に、演題は3日毎に変わり、観劇と昼食をセットにしたプランあります。

 

f:id:mayurin2018:20191103124221j:plain

 

目の前に広がるのは東郷湖の大パノラマなので、たっぷりの湯に浸かり東郷湖の眺めを堪能することができます。
湖と一体になる開放感はまた格別なものなんです。
館内には大浴場2ヶ所・露天風呂2ヶ所・貸切露天風呂2ヶ所と多彩な湯処があり、その全てで源泉かけ流しの湯を堪能できます。

 

f:id:mayurin2018:20191103124211j:plain

 

泉質は、塩化物泉。

効能は、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、 きりきず、やけど、 慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、動脈硬化症 。
 

f:id:mayurin2018:20191103145438j:plain

 

アケビは、食用ですが千年亭の展示物なので、食べることはできません。

 

f:id:mayurin2018:20191103124204j:plain

 

お土産処赤とんぼでは、銘菓から梨、スイカ、山芋、むかご、銀杏など地元農家直送の野菜まで様々な商品を販売しています。

楽しい手書きのポップがいたる所に飾られ、ちょっとノスタルジックな気分に浸れます。

 

f:id:mayurin2018:20191103145446j:plain

地元の新鮮な食材にこだわり、熟練の職人が丹精込めてつくった料理!

千年亭と言えば旬を活かした山陰の山海の幸に舌鼓(したつづみ)を打ってしまうほど美味しい。

 

f:id:mayurin2018:20191103123943j:plain

 

それは、地元の新鮮な食材にこだわり、熟練の職人が丹精込めてつくった料理だからなんです。

 

f:id:mayurin2018:20191103124002j:plain

 

飲み物は、生ビール、瓶ビール、日本酒、焼酎ノンアルコールビール、ソフトドリンク、チューハイなど品ぞろいが良かったです。

 

f:id:mayurin2018:20191103123423j:plain

 

私は、美味しい料理と一緒にビールや日本酒や梅酒などを飲んでみました。

 

f:id:mayurin2018:20191103123924j:plain

 

鳥取和牛オレイン55とは和牛の産地として良牛が受け継がれてきた鳥取で脂肪のまろやかさと質にこだわり、「脂肪中にオレイン酸を55%以上含有していること」を認定基準にいれた新ブランドなんです。
鳥取和牛の出荷頭数は全国の0.7%で、そのうちの15%程度が選ばれ、年間販売頭数は350頭程度ととても希少なのです。
鳥取和牛オレイン55の口溶けがよく、まろやかで柔らかな風味があります。

 

f:id:mayurin2018:20191103123715j:plain

 

山陰の日本海側で水揚げされた雄のズワイガニのことを「松葉ガニ」といいます。

生・ボイル・焼ガニ・鍋など、どの調理法でも美味しいです。

 

f:id:mayurin2018:20191103123724j:plain

 

ロブスター黄金焼き(半身) も絶品。

 

f:id:mayurin2018:20191103123606j:plain

 

のどぐろは高級魚で、庶民にはなかなか贅沢な食べ物ですが、ぱりっと香ばしさがあって美味しかったです。

 

f:id:mayurin2018:20191103123909j:plain

 

地元の港で水揚げされた刺身が生きの良いなめらかな舌触りと豊かな風味を楽しめます。

 

f:id:mayurin2018:20191103123705j:plain

 

地元の港で水揚げされた生チラシは、生きの良いなめらかな舌触りと豊かな風味を楽しめます。

 

f:id:mayurin2018:20191103123853j:plain

 

地元の港で水揚げされた魚介の天ぷらは、格別な味わい。

 

f:id:mayurin2018:20191103123611j:plain

 

お吸い物は、あっさりとした上品な味わいでした。

 

f:id:mayurin2018:20191103123419j:plain

 

お蕎麦は優しい味わいで、大変美味しかったです。

 

f:id:mayurin2018:20191103123836j:plain

 

 

まとめ

秋も終わり、だんだんと寒くなってくると恋しくなるのが温泉。

寒い冬も、温泉に行けば心も体も温まって癒しの時間を過ごすことができます。

私は、冬になると、湖に隣接する展望風呂付き客室を備えた和の趣漂う温泉旅館へ行ってみたくなります。

陶器と檜の温泉貸切展望風呂を併設し、芝居小屋や屋内運動場を併設する温泉が恋しくなります。

ちなみに旅行好きな私はじゃらんをよく利用します。