まゆまゆぱーてぃー

北海道をこよなく愛するまゆりんをよろしく!

はてなブロガーのhagexさんの痛ましい事件

↓SNSでシェアしてね↓

はてなブロガーのhagexさんの痛ましい事件

こんにちは。まゆりんです。

2018年6月24日20時、はてなブログ内で衝撃的な事件が起きました。

被害者と加害者がはてなブログのサービス内のトラブルで殺人事件になったんです。

被害者は、はてなブログ内で大人気のhagexさん、加害者は低能先生です。

ネット上でお互いに顔を知らない同士で揉めるのはよくありますが、殺人事件まで行ったケースは日本では初めてなはず。

私はまだはてなブログ歴が浅く、hagexさんや低能先生と面識はないですがネットの怖さを感じました。

f:id:mayurin2018:20180625205855j:plain 

私は、今回の殺人事件を踏まえて、インターネットの振る舞いを一から見直す必要があると思いました。

インターネットで好き勝手に言うのもいいし、正義感からジャーナリズムが突っ込めないタブーに立ち向かってもいいですが、「こういう危険があることを承知で、殺される覚悟をもってやらなければならない」「それが怖いなら沈黙せざるを得ない」という結論に達しました。

f:id:mayurin2018:20180625205845j:plain

福岡市の起業家支援施設で、ネット炎上を題材にしたセミナー終了直後に講師がトイレで男に背中や胸、首などを何度も刺されて死亡しました。

事件当時、施設管理者が「救急車を呼んでくれ」という声を聞いてトイレに向かうと血だらけの被害者と加害者がいました。

管理者が追いかけましたが、加害者は自転車で逃走し、3時間後、福岡市東区内の交番に出頭しました。

加害者は、バッグの中に血のついたナイフを持っていたので、県警が事情を聴くと「人を刺した」と供述しました。

f:id:mayurin2018:20180625204029j:plain
被害者の「三度の飯よりインターネットが大好きなネットウォッチャーのチラ裏日記」を拝見すると記事内容は、ネットウォッチが多いです。

被害者は、ネット上の有名人の炎上内容をまとめています。私は思慮深くないので、「加害者は、少し冷静になれば、殺すほどのことでもなかったはず。」「被害者は、もう少し言葉を選べば、死ななくてもすんだはず。」そのように考えます。

mayurin2018.hatenablog.com

でも、もしかしたら、加害者は、被害者を殺さなければいけないほど精神的に病んでいて、追い詰められていたのかもしれません。

仮に被害者に非があったとしても自業自得とは思いません。

これから明らかになって行くと思いますが、どんな理由にしろ殺人・暴力は絶対いけませんので、はてなブログ内で大人気のhagexさん、本当にご冥福をお祈りいたします。

 

mayurin2018.hatenablog.com

 

 

プロブロガー

あなたは、プロブロガーという職業をご存知でしょうか。プロブロガーとは、noteの記事を売ったり、ブログに貼ったアフィリエイト広告の売り上げなどで生計を立てている人を言います。

noteとは、SNSのように使うこともできますが自分の記事を販売することもできるのが面白いですね。

mayurin2018.hatenablog.com昔からアフェリエイターはいましたが、昔のアフェリエイターはそんなに文章も書かずにアフィリエイト広告を貼って儲けていました。

私は、昔からSNSでお友達作りをしていましたが、SNSで知り合った中学の先生で、「アフィリエイト広告を貼ったら、1ヶ月30万円も売り上げがあった」という話を何度か聞いたことがあります。

ちなみに公務員の場合、副業が禁止されていますのでアフィリエイトはグレーゾーンです。 

mayurin2018.hatenablog.com

最近は、noteの記事を売ったり、ブログにアフィリエイト広告などを貼り、「ブログ飯」をしているプロブロガーが増えてきました。

「半年で20万突破!」「売り上げ100万突破!」という話を聞くことは珍しくありませんよね。

「ブログで稼ぎたい」「プロブロガーになりたい」という人の夢である「ブログ飯」、ブログを書いている人なら一度は聞いたことがあると思います。

ブログだけで生活することを夢見る人はいっぱいいます。でも実際にブログのみで生活している人はごく僅かです。

note.mu

私もブログ飯を目指しています。

でも、ブログをお金のためだけにやると絶対に長続きしません。

「このブログをどんな人に役に立てて欲しい。」「このブログでどんなことを発信したい」と目標を持ち、1日話し続けてもぜんぜん話し足りないくらいの話題を書き続けたいですね。 

まとめ

はてなブログ内で大人気のhagexさんは、きっと散り際は無念だったことでしょう。

やりたいことも、やり残したことも多かったことでしょう。

本当にご冥福をお祈りいたします。

インターネットで好き勝手に言うのもいいし、正義感からジャーナリズムが突っ込めないタブーに立ち向かってもいいですが、こういう危険があることを承知で、殺される覚悟をもってやらなければならないと思いました。

今回の殺人事件を踏まえて、インターネットの振る舞いを一から見直す必要があると思い、人に役に立つことを発信したいと結論に達しました。