まゆまゆぱーてぃー

旅行・ホテル・高速バス・LCC・B級グルメ・健康・美容関係の記事をご紹介します。

はてなブロガーのhagex(ハゲックス)さんと低能先生の痛ましい事件!

はてなブロガーのhagex(ハゲックス)さんと低能先生の痛ましい事件!

こんにちは。まゆりんです。

2018年6月24日(日)の20時、はてなブログ内で衝撃的な事件が起きました。

ななんと、被害者と加害者がはてなブログのサービス内のトラブルで殺人事件になりました。

被害者は、はてなブログ内で大人気のHagex(ハゲックス)さん、加害者は低能先生でした。

ネット上で、お互いに顔を知らない同士で揉めるのはよくありますが、殺人事件まで行ったケースは日本では初めてでした。

 

 

殺される覚悟をもってやらなければならない!それが怖いなら沈黙せざるを得ない!

私は、まだはてなブログ歴が浅く、Hagexさんや低能先生と面識はありませんが、ネットの怖さを感じた事件でした。

私は、今回の殺人事件を踏まえて、インターネットの振る舞いを一から見直す必要があると思いました。

インターネットで好き勝手に言うのもいいし、正義感からジャーナリズムが突っ込めないタブーに立ち向かってもいいのですが、「こういう危険があることを承知で、殺される覚悟をもってやらなければならない」「それが怖いなら沈黙せざるを得ない」という結論に達しました。

 

f:id:mayurin2018:20181014170435j:plain

 

福岡市の起業家支援施設で、ネット炎上を題材にしたセミナー終了直後に講師がトイレで男に背中や胸、首などを何度も刺されて死亡しました。

事件当時、施設管理者が「救急車を呼んでくれ」という声を聞いてトイレに向かうと血だらけの被害者と加害者がいました。

管理者が追いかけましたが、加害者は自転車で逃走し、3時間後、福岡市東区内の交番に出頭しました。

加害者は、バッグの中に血のついたナイフを持っていたので、県警が事情を聴くと「人を刺した」と供述しました。

 

f:id:mayurin2018:20181014170605j:plain

 

被害者のブログ、「Hagex-day info」を拝見すると記事内容は、ネットウォッチが多かったです。

被害者は、ネット上の有名人の炎上内容をまとめています。

私は、「加害者は、少し冷静になれば、殺すほどのことでもなかったはず。」「被害者は、もう少し言葉を選べば、死ななくてもすんだはず。」そのように考えます。

もしかしたら、加害者は、被害者を殺さなければいけないほど精神的に病んでいて、追い詰められていたのかもしれません。

でも、仮に被害者に非があったとしても、殺人は許されることではありません。

 

 

hagex.hatenadiary.jp

 

※プロフィールには、「三度の飯よりインターネットが大好きなネットウォッチャーのチラ裏日記です。発言小町2ちゃんねる、炎上、有料メルマガ、はてな、デマといったテーマが大好物です」と書かれています。

低能先生は、懲役18年(求刑・懲役20年)!

被害者の岡本顕一郎さん(当時41歳)は、Hagex(ハゲックス)のハンドルネームで知られる有名ブロガー。

福岡地裁で2019年11月20日(水)に低能先生こと、松本英光被告に対する裁判員裁判の判決がありました。

判決は、松本英光被告がインターネット投稿サイトのアカウントを凍結されたことなどから、岡本顕一郎さんを含む複数からネットでの集団リンチを受けていると思い「リンチをやめさせるには殺害するしかないと考えるようになった」と指摘。

弁護側は、ネット社会にある危険が犯行の背景にあると主張していましたが、「一方的に強い殺意を抱いて執拗に攻撃した。」「悪質で身勝手だ」として岡崎忠之裁判長は、「完全責任能力があった」と懲役18年(求刑・懲役20年)を言い渡しました。

 

 

まとめ

岡本顕一郎さんの妻は「被告が、また何年かしたら社会に戻ってくると思うと恐怖しかない。」「夫を失って以来、私たち遺族はずっと終わらない地獄の中で暮らしている。」「そこに、さらに別の恐怖が加わることが私たちの心を圧迫する。」「夫が願った自由なインターネットの世界は消えてしまう。」「被告は反省もしていないし、おそらく今後も反省や更生をすることもない」と発表しました。

ネットは、匿名で投稿できるため、発言が過激になりがちですが、何気ない投稿が、取り返しの付かない悲劇の引き金になりました。

だからこそ、「何気ない投稿が、殺人者を生むかもしれないということを肝に銘じなければいけない」と感じました。